fbpx

COLUMN

- 2020.12.30 - 記事作成

【初心者向け】記事作成の手順とは?わかりやすい記事の書き方ができるテンプレート

  • googleplus
ライター:安藤悟

株式会社エストリンクス代表取締役。2012年、htmlコーダーや業界紙の新聞記者を経てWEBライティング専門の記事作成代行・エストリンクスを創業。クラウドワークス様でのウェビナーなど、SEOやコンテンツマーケティングに関する講演実績多数の上級ウェブ解析士。


読者に伝わるわかりやすい記事の書き方とは?」「記事を書くスピードが遅く報酬が増えない」と、記事の書き方に悩む初心者ライターさんは多いのではないでしょうか?

よい記事作成のコツが分かると記事の品質やスピード、ひいては記事あたりの報酬が上がります。

記事作成の品質・スピードと発注しやすさ

記事作成会社から見ても、よい記事を書くライターさんには積極的に発注したいです。

また、オウンドメディア運用を任された会社の担当者様も、本記事をご覧になっているかもしれません。よい記事作成のコツを理解すると、SEO・コンテンツマーケティングの成果が出やすくなります。


実は、僕は中学生時代の作文で文章が浮かばず、たった2行しか書けなかった経験があるほど文章が苦手でした。しかし、今では10,000文字を超える記事でもスラスラ書けるようになりました。記事の書き方の手順を正しく学んで実践すると、あなたも必ずよい記事が書けるようになります。

この記事は、WEBライティング歴経験9年で新聞記者経験もある代表取締役がライターさんのスキルアップのため、よい記事作成のコツを余すところなくお伝えします。


効率よく高品質な記事を書きたい初心者ライターさん、またはオウンドメディアの記事担当を任された方はぜひご一読ください。記事の書き方がわかるので記事のスピード・品質向上や報酬アップ、オウンドメディアやアフィリエイトサイト・ブログのSEOに繋がるはずです。

本記事中のよい記事の定義

本記事におけるよい記事とは、SEOで順位向上が見込める記事を指します。ただし、いまのSEOはテクニックだけで順位が上がりません。検索エンジンは「ユーザーの悩みに答えるコンテンツ」を高く評価する時代です。よい記事を書くうえで、まずはユーザーの悩みを理解し、わかりやすい情報発信を心がけましょう。

初心者が覚えたい記事作成の手順

よい記事作成のコツは正しい手順で記事を書くことが基本です。

記事作成の手順

ここでは、対策キーワード(テーマ)が決まった状態を前提に、WEB記事の書き方の手順をお話します。

1.記事の読者ターゲットを決める

まずは記事の読者ターゲットを決めましょう。どんな人がキーワードを検索するか考えます。


キーワードから読者ターゲットを分析する手法はのちほどお伝えしますが、まずは先入観を持たずに読者の気持ちを想像してみましょう。5W1Hの切り口から読み手をイメージしてください。

ここでは、「記事作成 コツ」というキーワードをGoogleの検索エンジンで調べる読者を想像しました。

Who(誰が)

WEBライター初心者

Why(なぜ)

わかりやすい記事を効率よく書いてお客さんに喜ばれたい

When(いつ)

記事を書く仕事の合間

Where(どこで)

自宅(PC環境から閲覧)

What(何を)

よい記事を効率的に書くための情報を

How(どのように)

WEB記事の形式で手軽(無料・簡単)に知りたい

キーワードによって5W1Hのすべてが埋まらないこともありますが、これは問題ありません。

コツという言葉は抽象的です。おそらく、記事作成について悩みを抱えて情報を調べ始めた段階ではないでしょうか? そのため、メインターゲットを「副業で記事を書き始めたライター初心者」と仮定し、上記のように定性的に分析しました。


キーワードに対して「どんな記事を書くのがいいだろう?」と悩んだときは、『記事構成案の作り方のコツは?SEO・記事作成の初心者でもできる構成案の基本』もご覧ください。記事構成を考える切り口がわかります。

2.キーワードの検索意図を考える

次に、SEOで上位表示を目指すキーワードを調査します。最初の手順で想像したユーザー像が正しいか答え合わせをするため、定量的な分析を実施します。

検索意図が情報を提供するコラムのみの場合

「記事作成 コツ」で検索してみましょう。

「記事作成 コツ」の検索結果


すべての上位サイトに共通していることは、「記事を書くための情報を提供するコラム」ということです。

記事タイトルとディスクリプション(要約文)を見る限り、わかりやすい記事を書きたいライターさんに向けた記事が1,2,5,6位にランクインしていました。

一方、3,4位は記事作成のスピードを上げることが主題になっているようです。また、アフィリエイトサイトやブログの記事構成のコツにも関心があると考えられます。

これらをまとめると、「記事作成 コツ」で検索する読者は以下のような人物像が浮かび上がります。

  • 読者に伝わるわかりやすい記事を書きたいWEBライター
  • 記事作成のスピードを上げたいWEBライター
  • 自分のアフィリエイトサイト・ブログを収益化したい事業者
  • オウンドメディアを任されたマーケティング担当者

さて、いま記事をご覧になっているみなさんはいかがでしょうか?

あくまで定量的な分析手法ですが上記の悩みをお持ちの方も多いはずです。

検索意図がコラム・事業会社など分かれている場合

「記事作成」のようなキーワードではニーズが複雑に分かれます。検索10位までを分類し、自サイトまたは依頼を受けたサイトで執筆すべき内容を考えましょう。

「記事作成」の検索結果

記事作成をするライターさんに向けて情報を提供するコラムや記事の仕事を探すサイト、さらには発注者向けに記事の外注ができる記事作成会社を紹介するサイトに分かれています。

この場合、上位サイトの情報を組み合わせるとおかしくなるので注意しましょう。


「記事作成を外注したい会社の担当者様」「記事作成のコツが知りたいライターさん」のように、ユーザーの検索意図が分かれています。この場合、各サイトのテーマを混ぜるとおかしくなります。記事構成を考えるときはターゲット、そしてテーマを絞って企画してください。

このように、ユーザーの課題を明確にしながら記事構成の準備を進めます。これがSEOに強い記事作成において、最初にやってほしいことです。


冒頭で、よい記事とはユーザーの悩みに的確に答えるコンテンツだとお伝えしました。エストリンクスでは独自のノウハウと分析ツールでキーワードから読者の悩みを分析、より精緻に企画作成します。そのため、SEOに強い記事作成が可能です。検索意図についてもう少し知りたい方は『検索意図とは?考え方・調べ方・ズレが出ないSEO記事作成の方法を解説』のページもご覧ください。

3.記事に必要な情報収集をする

読者ターゲットのイメージができたら、読者が知りたいであろう情報を集めます。

ライターさんが記事構成を考えるときは、読者に代わってたくさんの情報を収集し記事構成の準備を進めましょう。


さまざまなSEOコンサルタントやマーケターが述べているように、多くのWEB記事の目的は「読者の検索コストを削減すること」が基本です

ここで、読者の検索コストについて少しお話します。

目的を持って検索している読者は、できるだけ短時間でインターネット検索を完了したいと考えています。できるだけ早く自分が欲しい情報にたどり着きたいのです。

読者は1記事で情報収集が完了して行動を決定できる記事を望んでいます。言いかえると、Googleは、読者が簡単に情報収集できて、買い物や行動などの意思決定を促す記事を高く評価します。

ここでも活躍する記事構成のフレームワークが5W1Hです。

特に、情報収集をするときは4W【When(時間軸)、Where(場所軸)、Who(人軸)、What(モノ軸)】を活用しましょう。伝えるべき情報の抜け漏れが減らせます。


記事構成を考えたり実際に執筆したりするとき、「自分の記事を読んだ読者は、次にどんな行動をするか」を意識しましょう。読者が再検索して他の記事を読ませないよう、きちんと情報収集して情報をまとめます。

4.記事で主張したい内容と根拠を掘り下げる

記事に必要と思われる情報を集めたら読者に主張したいことと根拠をまとめます


今回の「記事作成 コツ」では、主張を「初心者に記事作成の手順を知ってもらう」としました。検索結果から「読者にわかりやすい記事を速く書くコツを読んで『役立った』と感じる人が多い」ことを根拠と、ライターさんのスキルアップを目的に作成しています。

上記の表現ではやや根拠が弱いですが、実はツールを使って「記事作成 コツ」で上位表示される記事に必要な要素を数値化しています。

「記事作成 コツ」で上位表示されている記事の要素は以下の通りです。

  • 上位表示記事の40%は「記事作成 初心者」を掘り下げている
  • 上位表示記事の30%は「記事 書き方 構成」「記事 作成 手順」を掘り下げている
  • 上位表示記事の30%は「ネット記事 書き方」「紹介 記事 書き方」を掘り下げている

このように数値化して根拠にすると「なぜ、初心者ライター向けに記事作成の手順や構成を伝えるべきか?」に客観性が生まれ、説得力が増します。


実際に記事を作成するときは、伝えたいことはハッキリ、根拠は明確に数値化しましょう

参考記事:客観的な文章とは?客観性のある文例と記事作成テクニック

5.記事構成を考える

主張と根拠が決まったら記事の構成を作成します。


記事構成は「どう読者とコミュニケーションを取るか」をポイントに考えましょう。後述しますが、ある程度は記事のパターンがあるのでテンプレート化できます。

記事構成テンプレート:PREP法

ビジネス文書やニュース記事で使われるPREP法は、SEOに強い記事構成のテンプレートです。PREP法は、結論・理由・事例・要点の順で書きます。

記事構成のテンプレート

  • Point…結論、要点、主張
  • Reason…理由
  • Example…事例、具体例
  • Point…結論の繰り返し、要点、主張

PREP法がSEOやニュースに強い理由は、結論から書くことで、読者に対して簡単かつわかりやすく情報を伝えられるからです。事実を正確に伝えることができます。

WEBライティングで文字数が増やしにくいときは理由または事例を膨らませます。より詳細に理由を説明したり読者に具体例を伝えたりしましょう。

よく、「事例を書けばいいから」と関係ない例を紹介する方もいますが、SEO的には不適切です。あくまで主張を補完するための具体例としましょう。

実は、この記事自体もPREP法をベースに執筆しています。

「記事作成 コツ」の論理展開

P…記事作成のコツは、ユーザーニーズをとらえ、想定読者を明確にすること。

R…想定読者が曖昧なまま書くと、内容がブレて誰にも向いていない記事になってしまうから。

E…たとえば、「●● ●●」と検索したユーザーは「~~」と「~~」について知りたいユーザーに分かれる。この記事では、どちらのユーザーに向けたものかを明確にする。

P…記事を作成する際は、まずそのKWで調べるユーザーが何を求めているか理解してから書き始めよう。


WEBライティングで記事構成を依頼するとき、当社ではほとんどのケースでPREP法をお願いしています。読者にとって検索エンジンは情報収集の場だからです。自分が求める情報が最初から書かれている記事は、読み手にとって喜ばれます。

記事構成テンプレート:キャッチコピー・ボディコピー・クロージング

商品紹介記事の定番テンプレートはキャッチコピー・ボディコピー・クロージングです。

記事構成のテンプレート

アフィリエイトサイトや商品紹介ブログ、ランディングページで記事を書くときに使えます


商品紹介記事のテンプレートを押さえると問い合わせが大きく増えます。例えば、当社サイトで以下の方法で書いたサービス紹介記事は、一ヶ月で最大120件の問い合わせを獲得しました。

商品紹介記事は以下の3要素で構成されています。

  • キャッチコピー…読者に訴求するわかりやすい文章
  • ボディコピー…商品やサービスの価値を深く伝える文章
  • クロージング…契約に結び付ける文章

一般的に、キャッチコピーは商品・サービスによって得られる効果を明確に伝えるのが基本です。「30日で5kg痩せた方法」や「累計販売個数100万個のサプリメント」など、具体的な数値や実績を伝えましょう。

ボディコピーでは、読者の課題を提示して解決する方法があると伝えます。興味を持ってくれた人に、紹介する商品が解決できると説明します。

クロージングでは、限定性や希少性を伝えましょう。「限定10個だけ販売」「明日までに限り…」などの価値を説明します。基本的に、人間は先延ばしにする癖があるので、今すぐ行動する癖をつけましょう。

記事構成テンプレート:起承転結

ブログや面白記事のライティングでよく使われる記事構成です。多くの方が学校の作文で学んだ記事の書き方ではないでしょうか?

起承転結

  • 起…話の背景や前提情報
  • 承…本題の導入部分
  • 転…主に伝えたいこと、話が展開する部分
  • 結…話がどのように解決したか

暇つぶしに読んでもらうためのニュース記事やまとめ記事なども、起承転結スタイルが適しています。


実は、起承転結はSEOの記事に向いていません。検索エンジンから訪れる読者の多くは手短に情報収集をしたいからです。一方、あなたのことを知っている人に向けて情報発信するときは、起承転結のようなスタイルもよいでしょう。

ちなみに、起承転結は漢詩が由来になっているようです。少ない文字数でスムーズに物語を伝えるために生まれた記事構成のテンプレートと言えます。

参考記事:体験談やブログ調の記事作成のテクニック

6.文章を執筆する

ここまでのステップで、記事を書くために必要な情報と記事構成が揃いました。文章を書くとき、一番意識して欲しいことは文章のつながりです。


「記事を書いているうちに言いたいことがずれて論理が破綻する」「一文が長くなって文章が支離滅裂になる」といったミスはよく起きます。長い文章でも論理を崩れにくくする、記事の書き方のテクニックをまとめました。

記事の論理破綻を防ぐテクニック

長い文章を一気に書くと論理破綻が起きやすいです。伝えたいことがブレないように以下の手順で書きましょう。

記事の破綻を防ぐテクニック

1.記事構成に沿って見出しを一文ずつ書く

2.見出し内の主張・理由・結論を一文ずつ書く

3.一読して矛盾がないか確認する

4.見出し内の主張・理由を文章にする

5.読者にイメージしてもらうため、具体例を掘り下げる


ライター経験が長くても論理的な記事が書けるわけではありません。短い文章から論理展開し、記事を膨らませることをおすすめします。

支離滅裂な文章を防ぐテクニック

まず、文章とは複数の文を連ねて想いや情報を伝えることです。支離滅裂な文章になってしまう場合、大きく分けて2つの原因が考えられます。

文章全体がおかしいときのテクニック

文章全体がおかしいときは、すべての文に主語と接続詞を入れて、論理展開が崩れていないか確認しましょう。

日本語は主語や接続詞を省略して書くことが多いです。スッキリした文章になるのはメリットですが、論理的にわかりにくくなることもあります。

論理を確認する方法

()内の文章を入れて意味が通るか確認する

よいWEBライターは、記事構成を事前に考えてから文章を書きます。(その理由は)読者に伝えたい主張と根拠を事前にハッキリさせたほうが、論理が崩れにくいからです。(だから)記事を書く前に記事構成を考えましょう。

一文がおかしいときのテクニック

一文が長くなると主語と述語の関係性が崩れ、支離滅裂な文章になってしまいます。


ひとつの文章で2つの意味を入れない、「一文一意」を心がけましょう。

  • 一文は短く書くこと(20~40文字程度に収める)
  • 「~は」「~をした」と、主語・述語を意識すること
  • 「~ので、~ので」と一文内で接続詞を連続させないこと
  • 自分が意味のわからない単語を使わないこと
  • 声に出して読んでみること

一文がおかしいときは上記の5つのポイントを確認すればだいたい修正できます。文章の書き方がわからなくなったらぜひ試してください。

参考記事:一文一意(一文一義)とは?わかりやすい記事作成のテクニック

タイピングスピードも大切

記事作成のスピードをアップするためにはタイピングを速くすることも大切です。

記事の企画を考えて執筆するときにタイピングが遅くなると無駄な時間が増えます。

ライティングの仕事に必要な基礎能力なのでタイピングゲームなどで練習しましょう。

参考記事:無料タイピングゲームのおすすめ9選!タイピングスピードを上げて記事作成の効率アップ

7.記事を推敲・校正する

記事を書き終えたら文章推敲と校正を行いましょう。

推敲とは、文章をよくするために考え直すことです。意味が伝わりにくい文になっていないか、文章のつながりが途切れていないかを確認します。

校正とは、文章の字句や内容に誤りがあったら正していくことです。意味の間違いや情報の真偽、誤字脱字がないかを確認します。


文章を執筆して終わり…という初心者ライターさんもいるかもしれません。しかし、校正担当の負荷が大きくなると、次の記事作成の依頼がしにくくなります。ぜひ、ご自身で記事を推敲・校正したうえで納品しましょう。

文字数チェック

納品前は文字数について確認しましょう。基本的に、指定文字数以上であることが望まれます。

もし依頼形式が「〇文字程度」とあいまいな仕様だった場合、事前に発注者へ文字数について確認しておくと確実です。

参考記事:SEOと文字数の関係は?ブログやサイトの長文コンテンツが上位表示される理由

参考記事:1,000文字程度とはどんな意味?記事作成における文字数の許容範囲

文体チェック

納品前は文体が「ですます調」か「だである調」か確認しましょう。

多くの記事作成の依頼はお客様が運用するメディアの更新が目的です。文体だけでなく、お客様のサイトのテイストに合わせてから納品してください。

参考記事:「ですます調」と「だである調」の違いとは?文章の語尾・文末による記事作成のテクニック

参考記事:体言止めとは?例文・使い方・効果やビジネス文書で使うときの注意点

タイトルチェック

納品前に記事タイトルを確認しましょう。SEO的なタイトルのつけ方は、キーワードを左寄せにして、30文字程度でつけるのがおすすめです

多くの記事作成では上記のようなタイトルのつけ方を求められます。

ただし、SNSや広告で読まれやすいタイトルのテクニックもあります。さまざまなタイトルのつけ方を覚えておきましょう。

参考記事:コラムのタイトルのつけ方は?読者に読ませる記事作成のテクニック

冗長な文章の推敲と助詞(てにをは)の確認

記事を読み返すと冗長な文章になっている箇所があります。規定文字数を求められるため文章量が多くなるからです。

しかし、あくまでお客様は文章量ではなく情報量を求めています。冗長な文章は推敲し、簡潔でわかりやすい文章に書き直します。

また、文章を推敲するときは「てにをは(助詞)」を確認してください。正しく、伝わりやすい文章にしてから納品しましょう。

参考記事:「てにをは」とは?助詞の意味と使い方、練習方法をわかりやすく解説

参考記事:冗長な文章になる原因は?表現力を高める記事作成のテクニック

仕様・レギュレーション

表記やかっこ書きの使い方など、メディアによってルールが異なります。

表記統一や基本的な文章のルールを確認してから納品しましょう。たとえば「…」の使い方やかっこの使い方など、もし使っているなら校閲することをおすすめします。

参考記事:三点リーダーとは?正しい使い方と「三点リーダー症候群」について解説

参考記事:かっこの使い方は?かっこの種類ごとに正しい使い分けをする記事作成のテクニック


もし、ここまで読んで「役に立ったな」と思ったら、ぜひこの記事をブックマークしてください。繰り返し読んでもらえるとライター冥利につきます!

また、記事作成を任されたオウンドメディアの担当者様、「外注するためのノウハウを知りたい」と感じたらぜひ以下のページもご覧ください。

プロの記事作成外注のノウハウを読む

記事作成のコツを学んで初心者ライターを脱出しよう

最後に、今回お伝えした記事作成のコツをまとめたのでおさらいします。

  • 記事の書き方の手順を守ると、読者に伝わる記事が書ける
  • 記事構成のテンプレートを使うと、速く、わかりやすい記事が書ける

記事作成のコツがわかると、いい記事を速く執筆できます。今回ご紹介した記事の書き方をもとに、初心者ライターからレベルアップを目指しましょう。


エストリンクスは、年間10,000記事以上のWEBライティング依頼があります。もし、当社でライターをしたいとお考えの方はお気軽にお問い合わせください。

エストリンクスに問い合わせる

記事代行サービスに外注するなら!SEOで成功WEBライティング依頼のすべて SNSマーケティングとは?特徴・やり方・効果を徹底的に解説 SEO?初心者にわかりやすく対策方法と仕組みを説明!

CONTACT

コンテンツ制作やSNS運用代行、miteco広告掲載のお問い合わせは以下のコンタクトよりご連絡ください。
また、ライター・編集者の採用募集等も以下フォームからお問い合わせいただけます。