fbpx
estlinks
2021.01.07

検索意図とは?考え方・調べ方・ズレが出ないSEO記事作成の方法を解説

COLUMN

- 2021.01.07 - SEO

検索意図とは?考え方・調べ方・ズレが出ないSEO記事作成の方法を解説

  • googleplus
ライター:安藤悟

株式会社エストリンクス代表取締役。2012年、htmlコーダーや業界紙の新聞記者を経てWEBライティング専門の記事作成代行・エストリンクスを創業。クラウドワークス様でのウェビナーなど、SEOやコンテンツマーケティングに関する講演実績多数の上級ウェブ解析士。

Googleが提唱する完ぺきな検索エンジンの状態は、ユーザーの問いへ的確に答えを打ち返せることです。そこで、SEOを実施するときは、ユーザーの検索意図を正しく把握することが求められます。

そこで、SEOで上位表示できるコンテンツ制作のために、

以上を紹介します。


当社は、WEBライティング専門の記事作成会社として、9年間SEOコンテンツに向き合ってきました。ユーザーの検索意図をどのようにとらえるか、当社の経験も交えながらご紹介します。

検索意図とは?

検索意図とは、検索エンジンを使用したユーザーが、なぜそのキーワードを検索したかという目的や深層心理という意味です。検索意図はユーザーインテントとも呼びます。

ここでは、なぜ検索意図が重要か、そして検索意図の基本的な考え方を解説します。


当社では、検索意図について、検索の動機と感情に分類して考えます。そして、「なぜ、そのキーワードで検索したか?」「そのキーワードで検索した結果、どうなるのがユーザーにとって幸せか?」といったことを考えて企画構成案に着手します。

なぜ検索意図が重要か?

いまのSEOにおいて検索意図が重要視される理由は、Googleのアルゴリズムの進化によるものです

もともと、Googleの検索エンジンは検索意図を的確にとらえたコンテンツを優先すると明言していました。かつてのGoogleはキーワードそのもの、あるいはサジェストキーワードや共起語を頼りに検索意図を把握していましたが、これは検索エンジンの精度が低かっただけに過ぎません。

今のGoogleはまるで人間のようにキーワードの意味を文脈から理解して検索意図を把握できます。キーワードの意味を文脈から判断する2018年のBERTアップデートはその代表的な例です。


Googleハックの視点ではなく、常に検索意図を捉えてコンテンツ制作に臨むと、SEOが中長期的に資産になります。なお、キーワードをどのように理解するか、Google公式の『検索アルゴリズムの仕組み』のページをご覧いただくと詳しく理解できるはずです。

検索意図の考え方

まずは、ユーザーの検索意図をどのように大別するか覚えておきましょう。

検索意図の分類は大きく3つのクエリタイプに分類できます。

検索クエリの種類

検索クエリの意味

検索クエリの例

インフォメーショナルクエリ

言葉の意味や問題解決方法が検索意図

「SEOとは」「腕立て伏せ 方法」

トランザクショナルクエリ

商品やサービスの利用、取引行動が検索意図

「メンズ コート 購入、「靴 通販」「試験 日程」

ナビゲーショナルクエリ

特定のWEBサイトへ行くのが検索意図

「Amazon」「楽天」「YouTube」「Twitter」「エストリンクス」

また、クエリタイプを4つに分類する考え方もあります。検索意図を把握するうえではKnowクエリ・Doクエリ・Buyクエリ・Goクエリのほうが重要かもしれません

  • Knowクエリ…検索キーワードについて知りたい
  • Doクエリ…実際にやりたい、検索キーワードのコツを知りたい
  • Buyクエリ…商品を購入したい
  • Goクエリ…お店や場所へ行きたい

検索意図を分類するときは前提となる3分類を理解しつつ、4つに分類されたクエリタイプを理解しておきましょう。


次の項では、クエリごとの検索意図の調べ方について具体例を挙げながら説明します。

検索意図の調べ方

検索クエリに対する検索意図の調べ方を紹介します。

実際にそのキーワードで検索するユーザーに聞ければ一番いいのですが、

SEOで上位表示を目指すために、

  • キーワードから検索意図を調べる方法
  • 検索エンジンから検索意図を調べる方法

これらの切り口から検索意図を調べる方法を紹介します。

キーワードから調べる方法

自サイトが選定したキーワードで検索したとき、上位表示されている競合サイトのコンテンツの強さを分析しましょう。

サジェストキーワードを用いた調査

サジェストキーワードによるキーワード調査は、かなり古い時代のSEOから使われている定番の検索意図の分析手法です。

サジェストキーワードによる分析調査

サジェストキーワードは、基本的に検索したユーザーの数、つまりユーザーの関心に応じて表示されます

たとえば、キーワード「検索意図」では抽象的なニーズになりがちですが、キーワード「検索意図 調べ方」になると、「検索意図の調べ方を知りたいのだろう」と仮説を立てやすくなるのです。


サジェストキーワードは顕在化したユーザーニーズを考えるうえで非常に役立ちます。ただし、2016年頃のサジェスト網羅や1サジェスト1記事では、SEOで思うような成果が出ません。検索意図の把握や同じ検索意図のサジェストキーワードのグルーピングに努めましょう。

共起語を用いた調査

共起語分析もSEOで検索意図を考えるときに古くから使われてきました。

共起語とはキーワードと一緒に連想される言葉で、SEOにおいてはコンテンツ制作前に検索意図を把握する目的で使います

たとえば、「富士山」だったら「日本一高い山」「静岡県」などをイメージすると思います。このように、対策するキーワードを説明するとき、一緒に出てくるのが共起語です。

後述するツールを使い、キーワード「記事作成」で共起語を検索してみました。

 

共起語による分析

画像引用元:共起語検索ツール

細かなキーワードまでは読みづらいので文字にしますが、「副業」「報酬」「ブログ」などの共起語が出てきました。

このことから、「主な検索ユーザーは副業で報酬を得たいライターではないだろうか」と、検索意図の仮説立案ができます。

いまのSEOにおいて、共起語はキーワードというよりは文脈を理解するために使うべきです。そのため、キーワード「副業」「報酬」を入れるのではなく、「副業でどのくらい稼げるか?」などの視点で検索意図の把握に努めましょう。


「SEOや検索意図の分析に共起語が重要なのはわかったけど、どうやって調べるの?」と思った方に向け、共起語分析用のツールは後ほどご紹介します。

Googleの検索画面から検索意図を調べる方法

Googleの検索エンジンは、ユーザーが使いやすいよう日々進化しています。そこで、検索エンジンの検索画面から検索意図を調べる方法を紹介します。

バーティカル検索による調査

バーティカル検索とは、Googleの検索窓の下に表示される検索機能です

バーティカル検索


キーワードによって、バーティカル検索の順番が変わるのはご存知ですか?ここからはクエリタイプごとに検索意図を調べる方法を紹介します。

Goクエリの調査方法

バーティカル検索の視点で検索意図を考えるとき、Goクエリを調べる方法を見てみましょう。

goクエリのバーティカル検索

「すべて⇒地図⇒画像⇒ショッピング⇒ニュース」の順に表示されます。

Goクエリのコンテンツの企画・記事作成時は、「記事を読んだユーザーが目的地にたどり着けるか?」という視点を持ちましょう


「そもそも行き先が思いつかないので探している」というユーザーの検索意図が隠れているのがGoクエリです。目的地にたどり着けるかに加え、「そもそも、その店舗・施設に行きたくなる記事か?」という考え方があるとなおよいでしょう。

Doクエリの調査方法

バーティカル検索の視点で見ると、Doクエリは「すべて」のあとに、「画像」または「動画」が表示されます。

doクエリのバーティカル検索

まずは「釣り糸 結び方 コツ」ですが、「画像」が左側に表示されました。

doクエリのバーティカル検索

次に、「ジョギング 走り方 コツ」は、「動画」が左側に表示されました。

やり方やコツを知りたい人の多くは、文字だけでなく画像や動画で情報を探しているとGoogleは判断しています。

そのため、バーティカル検索で「画像」または「動画」が優先表示されたら、Doクエリの可能性が非常に高いです。

Doクエリのコンテンツの企画・記事作成時は、「ユーザーに最適な説明ができるか?」という視点でユーザーに検索意図を考えましょう

Buyクエリの調査方法

Buyクエリは「ショッピング」が優先的に表示されます。例を見てみましょう。

buyクエリのバーティカル検索

「ショッピング」が表示されるので検索意図はわかりやすいと思います。

Buyクエリのコンテンツの企画・記事作成時は、「ユーザーの購入の意思決定を支援できるか?」という視点を持ちましょう


Buyクエリを検索すると、商品を購入するときに見た目を気にする人も多いとGoogleが判断しているからか、「画像」が左に来るクエリも多数ありました。

Knowクエリの調査方法

Knowクエリの場合、バーティカル検索の表示順はバラバラです。

おそらく検索結果を見るとさまざまな記事が表示されていると思います。

Knowクエリでは、ユーザーの「知りたい」に答える記事コンテンツが上位表示されやすいです。バーティカル検索機能は、あくまで検索意図を想像する補助ツールとして考えるとよいでしょう。

ユニバーサル検索による調査

ユニバーサル検索とは、Googleの検索結果に表示される画像・動画・地図・ニュースなど、いわゆる検索ランキングのページ以外の情報を指します

ナレッジパネルやユニバーサル検索

PC画面で「M-1グランプリ」について検索すると、番組についての概要説明や関連動画が表示されます。

キーワード「SEO おすすめ 本」では、書籍の一覧が表示されました。

ユニバーサル検索の事例

また、検索結果に地図が表示されるケースも増えました。

ユニバーサル検索によりGoogleMAPが表示される

「静岡 SEO」と検索すると、なぜか眼科や総合病院に挟まれていますが、エストリンクスがGoogle MAP上のWEBマーケティング会社で1位になりました。


このように、ユニバーサル検索を見ると、検索クエリごとの検索意図をくみ取ることもできます。ユーザーはどんな情報を求めているか、Googleの判断から検索意図を分析する判断材料になるはずです。なお、地図が上位表示されるキーワードはローカルSEO(MEO)をに取り組むのもよいでしょう。

検索意図に沿った企画と記事作成のコツ

Googleが考えるユーザーの検索意図に応えるコンテンツ制作のコツを、記事作成会社の立場からお伝えします。

検索意図の重複が起きていないか確認する

まずは対策したいキーワードについて、すでに社内で記事を作成していないか確認しましょう。

パッと見たときにキーワードが違うと「まだ作っていない」と感じるかもしれません。しかし、実は同じようなテーマを扱っていると、2つのコンテンツのせいで評価が分散されて検索順位がつきにくくなることがあります。


検索意図の重複については、『検索意図の重複のチェックと対策方法は?カニバリがない美しいWEBサイト作りのコツ』のページをご覧ください。

検索ニーズを徹底的にリサーチする

まずは、検索ニーズを徹底的にリサーチしましょう。

上記のバーティカル検索やユニバーサル検索に加え、上位に表示されているサイトの競合調査をします。

かつては、検索順位の1~10位の記事の見出しで使われているキーワードを全部埋め込めばよいという時代がありました。そのため、検索ニーズの調査を1~10位の網羅だと考えている方もいるかもしれません。

しかし、いまのGoogleは検索結果の多様性を重視しており、キーワードによってはさまざまな検索意図が複雑に入り組んでいます。たとえば、1~10位が以下のような検索結果になっているキーワードも少なくありません。

「記事作成」の検索結果

このほかにも、

  • Goクエリ・Buyクエリのように複数の検索クエリに応える記事が混在
  • 男性向け・女性向けとそれぞれの記事が混在
  • 自分がやりたい・やっている人を知りたい記事が混在

このように検索意図が入り混じったキーワードは多数存在します。

いま、あなたが届けたい情報はどんなユーザーに読まれることを想定していますか?

自社が情報を届けたいユーザーの検索意図に絞って企画しましょう


検索意図の網羅を網羅するためのキーワード確認は非常に重要です。ただし、キーワードを使った記事だけでは検索意図を満たしたとは言えません。どんな文脈でキーワードが使われているか、ユーザー視点から考えてみましょう。

5W1Hに沿って企画構成案を作成する

SEOで上位表示される記事の企画構成案を目指すなら5W1Hのフレームワークを活用しましょう。よいコンテンツは、ユーザーに伝わるコミュニケーションを意識した文章や記事が基本だからです。

  • Who…誰が
  • When…いつ
  • Where…どこで
  • What…何を
  • Why…なぜ
  • How…どのように

5W1Hは、相手に正しく情報を伝達することを目的とします。5W1Hが不足していると、何度もやりとりしたり説明の意図が分からなかったりと、受け手はストレスを感じたりします。


おそらく、一定の社会人経験がある方は円滑なコミュニケーションのために、5W1Hを説明に盛り込んでいると思います。

上記をインターネット検索に置き換えてみましょう。

5W1Hが不完全な記事は、ユーザーに別のページやキーワードを再検索させる手間を生みます。そのため、検索意図に沿ったよい記事とは言えません。

Googleはあくまで相対的な評価で検索順位を決定しています。いまの検索1位の記事でさえユーザー満足度を100点満点で満たしているとは限りません。5W1Hの切り口で補強してあげると検索意図を満たしやすく、SEO的にも効果が出やすいです


Googleは、記事中でのイベント数や滞在時間、サイト内回遊などを通じて、記事の満足度をスコア化していると考えられます。5W1Hでひとつの検索意図を満たし、詳細な説明になる場合は別ページを作成して遷移してもらうなどをして、SEOに取り組みましょう。

関連記事:【初心者向け】記事作成の手順とは?わかりやすい記事の書き方ができるテンプレート

検索意図のズレがないかを複数名で確認する

企画構成案を作ったあとや記事を書いたあとなど、都度記事を見直し、当初と検索意図のズレがないかを複数名で確認しましょう

5W1Hのフレームワークを使っても、一人の視点や発想では限界があります。ほかに、お客様と接する機会がないポジションの人が企画や記事を作成すると、うまくユーザーの声を反映できていないことも少なくありません。

自分の論理構成でユーザーが納得するか、企画や記事をアップロードする前に複数名でチェックすると順位向上が見込める記事に仕上がりやすいです。


営業・カスタマーサポート担当など、自社でお客様に接する担当社員さんに読んでもらうのもよいでしょう。実際に施策する検索キーワードについてお悩みのお客様に読んでいただければ理想です。

公開した記事も見直してリライトする

公開した記事は検索順位の反応を確認し、記事中の説明に過不足がないか確認し、リライトしましょう。抜け漏れがないように作ったつもりでも、実はユーザーが求める情報に足りなかったり過度な情報だったりすることもあるからです。

Google Analyticsを見ると、ユーザーの滞在時間やサイト内回遊などの効果測定ができます。また、最新バージョンのGoogle Analytics 4ではイベント数も計測できるため、「記事を読んだユーザーの行動喚起を促せたか?」という視点を持ちましょう。

さらに、情報が古い記事をGoogleは評価していません。また、検索クエリによってはユーザーの検索ニーズが変わっていることもあります。もし、過去に公開した記事の評価が下がっている場合、検索意図自体が変化している可能性があるのでリライトを検討しましょう。


当社が制作するコラム記事は、「平均ページ滞在時間3分」「直帰率90%以下」を目標にしています。ちなみに、コンテンツの品質目標については一般社団法人ウェブ解析士協会のコラムに寄稿させていただきました。

関連記事:文章のリライトとは?SEOで効果を高める記事作成のテクニック 

検索意図の分析を支援するツール

検索意図の分析を支援するツールを紹介します。類似機能を備えたツールはたくさんありますが、当社でも使ったことがあるツールの中から選びました。

ラッコキーワード

ラッコツールズ

サジェストキーワードを抽出できる無料のツールです。

ほかのサジェストキーワード抽出ツールと比べて、取得できるキーワード数が多いため検索意図の分析に重宝します。

>>ラッコキーワード

共起語検索ツール

共起語検索ツール

共起語検索に使える無料のツールです。

対策したいキーワードを入力すると上位30位を抽出し、どんなキーワードがよく使われているかを分析します。

繰り返しますが、単語そのものを入れることが重要なわけではありません。

上位表示されているWEBサイトから共起語を抽出し、どんな文脈でその言葉が使われているか調査するとよいでしょう。

>>共起語検索ツール

SE ranking

SE ranking

SE Rankingは幅広いサイト分析に使える有料のツールです。検索意図の分析において、抽出したサジェストキーワードをグループ化する、キーワードグルーピング機能が活躍します。

通常、SEOでは1キーワード1記事が原則とされてきました。しかし、Googleの検索エンジンがキーワードを文脈レベルでくみ取れるようになったため、同じ検索意図のキーワードをグルーピング化したほうが上位表示されやすい傾向もあります

たとえば、「静岡 ランチ おすすめ」と「静岡 ランチ 人気」で検索すると、上位5サイト中4つのページが同じです。Googleは「おすすめ」と「人気」を同じ検索意図と捉え、ユーザーの悩みへ的確に答えるページを表示します。

>>SEranking


似た検索意図を持つキーワードを複数執筆すると、Googleがどちらの記事を適正に評価すればよいかわからず、SEO的によくない影響が生じえます。なので、キーワードはグルーピングするのがおすすめです。

関連記事:SEOのキーワード選定方法のコツとは?初心者でも上位表示を目指せるキーワードの選び方

まとめ

ユーザーの検索意図を把握して最適なコンテンツを作るのはSEOの基本です。

今回ご紹介したユーザーの検索意図の考え方や調べ方をもとに、最適な答えを打ち返すコンテンツを作りましょう。


検索意図を把握してコンテンツ制作したのにWEBサイトの検索順位が上がらない理由は、実は他の原因があるからかもしれません。そんなときは、『SEOとは?初心者にわかりやすく対策方法と仕組みを説明』の記事をチェックリスト代わりにご一読ください。

estlinksのSNS運用 コンテンツマーケティング代行をご検討中の方はこちら

CONTACT

コンテンツ制作やSNS運用代行、miteco広告掲載のお問い合わせは以下のコンタクトよりご連絡ください。
また、ライター・編集者の採用募集等も以下フォームからお問い合わせいただけます。