estlinks
2019.03.04

meta descriptionとは?設定方法とSEOに有効な作り方

COLUMN

- 2019.03.04 - SEO

meta descriptionとは?設定方法とSEOに有効な作り方

  • googleplus

meta descriptionは、検索結果に表示されるサイトの説明文です。現在、meta descriptionを正しく設定しても大きなSEO効果はないと考えられています。しかしクリック率に影響を与えるため、適切に作成することでサイトへの流入を増やすことができるかもしれません。

今回はmeta descriptionとは何か、htmlとwordpressでの設定方法、適切なmeta descriptionの作成方法を解説します。

meta descriptionとは

meta description

meta descriptionとは、検索結果の各記事タイトルの下に表示されるサイト(ページ)説明文のことを言います。運営者が設定することもできますが、設定していない場合はGoogleがSEOキーワードに適していると思われる任意の文章をページ内から引っ張ってきて、metadescriptiomとして表示します。

meta descriptionの設定方法

htmlの場合、各ページのheadタグ内に以下のように記述します。

ソースコード

<meta name="Description" content="任意のmeta description " />

WordPressの場合、All in One SEO Packというプラグインを使うと、投稿ページの下部にmeta descriptionを記載する欄が表示されます。そこにmeta description用の文章を記入すると、検索結果に表示されるようになります。

all in one seo pack meta description

なお昨今では、All in One SEO Packを使わなくてもmeta description設定ができるようになっているWordpressテーマも多いです。

現在でもmeta descriptionはSEOに有効なのか

以前はmeta descriptionを正しく設定することで、一定のSEO効果が得られると言われていました。しかし現在では、必ずしも検索順位に影響しないという認識が一般的です。

検索順位には直接的に影響しにくい

2019年現在、meta descriptionはmeta keywordなどと同様に、ほとんど検索順位に影響しないと言われています。つまり、どんなに上手く作成したところでSEO的にはほとんど意味がないということです。ただ、それでもmeta descriptionの設定はした方が良いと考えます。

クリック率などには影響する

meta descriptionは上記のとおり検索結果に表示される説明文です。そのため、検索順位に大きな変化を及ばさなくても、クリック率に影響を与える可能性があります。たとえば以下のようなケースを考えてみましょう。

あなたはmeta descriptionの設定方法を知りたいと思って、「メタディスクリプション」と検索してみました。すると、1位2位には以下のようなサイトが表示されました。

検索結果

1位 meta descriptionとは?SEOに関係があるのか解説します。
meta descriptionとは検索結果に表示されるサイトの説明文です。このページでは、meta descriptionの細かな仕様や設定方法、SEOに強いメタディスクリプションの書き方などを解説しています。

2位 meta descriptionとは?SEOに有効な書き方を詳しく解説
meta descriptionとは、検索結果に表示されるページの説明文です。設定しなくても問題ありませんが、その場合ページ中の任意の文章が抽出されて表示されます。

タイトルだけ見ると内容的にはほとんど差がなく、どちらを開くか迷うところです。しかしmeta descriptionを読むと、1位のサイトに自分が知りたい「設定方法」が書かれていることが、はっきりと説明されています。

このようにmeta descriptionが適切に書かれていると、検索順位がそれほど上位でなくてもクリックしてもらえる可能性があります。特にページ内容が類似しやすいknowクエリの記事では、クリック率に大きな影響を与えます。

SEOに有効なmeta descriptionの書き方

SEOに有効なmeta descriptionの書き方

ではクリック率を上げるmeta descriptionの書き方とはどのようなものなのでしょうか?詳しく説明していきます。

適切な文字数

meta descriptionとして表示される文字数は、スマホ約50文字、PC約120文字です。Googleの仕様変更があるので固定ではありませんが、最近はこのくらいの文字数で安定しています。これ以上の文字数で書いても、超えた分は表示されないので読んでもらえません。

そのため以下のように対策しましょう。

  • ・原則120文字以内で書く
  • ・スマホ対策として、もっとも重要な説明は前半50文字以内に収める

こうすることでスマホユーザーにもPCユーザーにもページ内容が伝わりやすく、クリックしてもらいやすくなるはずです。

ページのテーマを具体的かつ簡潔に記載

meta descriptionには、このページに何が書いてあるのか、どんなテーマで書かれているのかを具体的かつ簡潔にまとめるようにしましょう。上記のとおり長い説明は表示もされないので、できるだけ簡潔にまとめて余分な説明は省きます。

  • ・このページを読めばmeta descriptionについてわかる
  • ・このページはmeta descriptionについて説明している

といった、ページ内で説明していることを紹介するパターンや

  • ・meta descriptionとは、検索結果に表示される記事の説明文です。

とテーマに対する回答をmeta descriptionに書いてしまうパターンもあります。アナリティクスでCTRを確認しながら、最適なmeta descriptionに仕上げてください。

各ページでオリジナルテキストを用意する

meta descriptionを設定しないと、サイト内のページのmeta descriptionがすべて同じになる場合があります。これはGoogleが公式に「避けるべき方法」としてアナウンスしている設定です。必ず各ページでオリジナルのmeta descriptionが表示されるようにしましょう。

必ずSEOキーワードを含める

検索順位とはほぼ関係ないとはいえ、何について書いているのかを明確に伝えることは重要です。そのためにはSEOキーワードをmeta descriptionに含めるのが良いとされています。タイトルにキーワードを入れていることで忘れやすいのですが、meta descriptionにも忘れずにキーワードを含めるようにしましょう。

Google非推奨の方法は使用しない

Googleが、meta descriptionにおける「避けるべき方法」を公式にアナウンスしています。以下の方法は採らないようにしましょう。

・ページの内容と関連のない description メタタグを記述する。
・「これはウェブページです」や「野球カードについてのページ」のような一般的な説明を使用する。
・キーワードだけを羅列する。
・サイトのドキュメントの内容をそのまま description メタタグにコピー&ペーストする。
出典:検索エンジン最適化(SEO)スターター ガイド|Search Consoleヘルプ

要約すると「必ずページ内容を反映したオリジナルテキストをmeta descriptionにしなさい」ということです。

まとめ

meta descriptionを適切に作ったからといって、劇的に検索順位が改善されるわけではありません。しかし、適切なmeta descriptionはクリック率を上げる可能性があるので、特にボリュームの大きい検索キーワードでは積極的に取り組みましょう。

CONTACT

コンテンツ制作やSNS運用代行、miteco広告掲載のお問い合わせは以下のコンタクトよりご連絡ください。
また、ライター・編集者の採用募集等も以下フォームからお問い合わせいただけます。