ライター
メタロマン@仮想通貨・副業ライター

メタロマン

マネーちゃんβ編集長

WEBライター歴11年。昔は紙(太陽光発電などをテーマにした業界紙)でも書いていました。「実際に使ってみる・取材してみる」を心がけています。
得意なこと:仮想通貨・NFT(2021年デビュー。DEAPcoinやJasmy、Cosplay Tokenに投資中)、音楽(ロックバンド経験15年)、ナイトワーク(キャバクラ・飲食店の広告代理店、取材ライター経験)、副業(受託者・依頼者ともに経験あり)、買取(楽器・オーディオ・ブランド品・エアガンなど事業者を多数取材)

レコード・CDを店舗へ持ち込んで売りたいと考える方もいるのではないでしょうか。

例えば「自宅に査定員が来るのは抵抗がある」「店舗がないと信頼できない」などの不安があると思います。そこで、店頭持ち込みでレコード買取を依頼するときのメリットやデメリット、必要なものについてお伝えします。

レコード・CDの持ち込み買取のメリット・デメリット

店頭持ち込みでレコード・CDの買取を依頼するメリット・デメリットをお伝えします。

レコード・CDの持ち込み買取のメリット

レコードの持ち込み買取を依頼するメリットは以下です。

店頭持ち込み買取のメリット

  • すぐに現金化できる
  • 店舗があるから安心できる
  • レコード店なら査定員が詳しそう

ひとつずつ解説します。

すぐに現金化できる

レコード店は出張買取と比べてたくさんの現金を用意している可能性が高いので、レコードを売ったらすぐに現金化できます。例えば、宅配買取だと査定から入金まで1週間程度かかったり、お店によっては出張買取当日に現金化できなかったりします。

店頭持ち込みで現金が足りないことは考えにくいです。そのため、すぐに現金化したい方にとって店頭持ち込みはよい選択の一つと言えます。

出張買取でも即日現金化できるレコード買取業者さんはいます。もし早めにお金が欲しいという理由なら出張買取は候補に残してよいでしょう。

店舗があるから安心できる

出張買取や宅配買取は店舗がないから不安や抵抗を感じる方が少なくありません。店舗があるなら何かあったときも安心です。

店頭持ち込みなら、出張買取に来た査定員に押し買い(「売ってくれるまで帰らない」などと脅される)されたり、不当に安い査定価格を提示されたりする心配はありません。レコード店内でトラブルがあったらその場所で商売ができなくなるので、買取を依頼する立場としてもお願いしやすいと思います。

例えば、最近レコード買取に注力しているブックオフは全国に1,000店舗あるので店頭持ち込みがしやすいです。

関連記事:ブックオフのレコード買取の評判は?レコードの取扱いに注力している理由

レコード店なら査定員が詳しそう

「レコード店の店員ならは詳しいだろう」と考える方もいると思います。たしかに、レコード店の方は音楽好きな方も多いので買取を希望するレコードの価値を理解しているかもしれません。

ただし、音楽の中にはさまざまなジャンルがあってレコード店の店員でもわからないジャンルがあります。例えば、「ジャズは好きだけどヒップホップはわからない」「ビートルズマニアだけどほかの洋楽ロックに詳しいわけではない」といったことも珍しくありません。

レコードの買取価格において、実は相場のビッグデータを活用できる企業のほうが有利です。査定員の詳しさも大切ですが、IT化が進んでいる買取専門店を候補に入れておくとよいでしょう。

関連記事:【一覧表】レコード買取価格の相場は?いくらで売れるの?

レコード・CDの持ち込み買取のデメリット

レコード・CDの店頭持ち込み買取のデメリットをお伝えします。

店頭持ち込み買取のデメリット

  • 運搬が大変・手間
  • 買取店の選択肢が限られる
  • 営業時間内にお店に行く必要がある

ひとつずつ解説します。

運搬が大変・手間

レコードを持ち込むときは大きさ的にかなりかさばります。LPレコードだと1枚30cmあるので持ち運びが大変です。レコードを売りに行く方の動画を見ると、持っていくだけでも大変なのに買取価格は安かった…という事例もありました。

また、レコードを収集していた方だと500枚、1,000枚と大量に持っていることも珍しくありません。段ボール何箱分ものレコードをまとめて運搬するだけでも一苦労です。

大量のレコードがある場合は出張買取を依頼したほうが効率的だと考えられます

買取店の選択肢が限られる

店頭持ち込みの場合、基本的には自宅から行ける場所に限られます。レコード買取店の選択肢が限られるため、高額査定のお店を選べないかもしれません。

より高く売りたいと考えているなら、店頭への持ち込み買取よりも全国対応している宅配買取や出張買取のほうがおすすめです

営業時間内にお店へ行く必要がある

店頭持ち込みの場合、営業時間内にお店へ行く必要があります。例えば、日中仕事をしている人が荷造りをしてレコード店に行くのは大変かもしれません。

24時間いつでも自分のタイミングで配送できる宅配買取や指定した日時に自宅へ来てくれる出張買取がおすすめです

レコード・CDの持ち込み買取に必要なもの

レコード店に持ち込み買取を依頼するときに必要なものは身分証明書です。一般的な身分証明書の例をまとめました。

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート

なお、古物商法の関係で身分証明書はコピーをします。これはすべての買取店に共通しているため、身分証明書のコピーには協力しましょう。

参考:警察庁|古物営業法の一部を改正する法律の施行について(通達)

まとめ

店頭持ち込みでのレコード・CD買取についてお伝えしました。

老舗レコード店も総合買取店も出張買取や宅配買取に対応しています。不安や抵抗がある方もいるかもしれませんが、一般的な買取方式になっているので安心してお問い合わせください。

宅配買取や出張買取に対応しているおすすめのレコード買取店について『レコード・CD買取店おすすめ5社を比較!出張・宅配対応ができる高額買取店はどこがいい?』の記事で紹介します。