ライター
メタロマン@仮想通貨・副業ライター

メタロマン

マネーちゃんβ編集長

WEBライター歴11年。昔は紙(太陽光発電などをテーマにした業界紙)でも書いていました。「実際に使ってみる・取材してみる」を心がけています。
得意なこと:仮想通貨・NFT(2021年デビュー。DEAPcoinやJasmy、Cosplay Tokenに投資中)、音楽(ロックバンド経験15年)、ナイトワーク(キャバクラ・飲食店の広告代理店、取材ライター経験)、副業(受託者・依頼者ともに経験あり)、買取(楽器・オーディオ・ブランド品・エアガンなど事業者を多数取材)

テレビや新聞などのメディアでもNFTという言葉を聞く機会が増えました。

NFTに関連する仮想通貨銘柄も少なくありません。すでに価格が高騰している銘柄もありますが、さまざまな銘柄があるので今のうちに仕込んでおくとよいかもしれません。

 
国内取引所でNFT関連の仮想通貨銘柄を購入するなら、『Coincheck』または『BITPoint』の開設をおすすめします。国内の取引所でNFT銘柄を購入するなら上記2つの取引所が選択肢になるからです。

\最短5分で口座開設/

NFT銘柄をCoincheckで探す

400万ダウンロード突破

NFTの仮想通貨って何?

NFTとはNon Fungible Token(非代替性トークン)と呼ばれるトークンのことです

主に仮想通貨のイーサリアムのブロックチェーン上で構築されており、現在はゲームや不動産分野で活用できるように模索され、一般に浸透すれば大きなビジネスチャンスとなるでしょう。

代えの効かないトークンがどのようなものかというと、以下が挙げられます。

  • デジタルデータのトレーディングカード
  • デジタルデータの人気漫画の原稿やイラスト
  • 人気クラブの会員権

一言で言えば「一点もの」がNFTと考えていただければイメージしやすいのではないでしょうか。

 

NFT銘柄はメタバース銘柄と混同されることが多く、Coin Market CapのNFT銘柄一覧を見ると重複しているトークンが多数見つかります。メタバース銘柄について詳しくは『メタバース関連の仮想通貨銘柄一覧』の記事で紹介します。

NFTと仮想通貨の違い

NFTとビットコインのような仮想通貨の違いは、他のデータと代えが効くかどうかです。

 

NFT

FT(仮想通貨)

特徴

代替不可能

代替可能

トークン規格

ERC721

ERC20

活用される分野

ゲーム、不動産、スポーツ、アート、会員権 など

仮想通貨など

Aさんが持っているビットコイン1BTCとBさんが持っている1BTCは交換しても全く価値が変わることはありません。

NFTとは

しかし、アーティストが描いたイラストはこの世にひとつだけです。他で代えが効かない価値を持つ物が非代替トークンで、既に採用されているところもあります。

人気のNFTの価格は非常に高額です。

例えば、VRアーティストとして活躍中のせきぐちあいみ氏のVR作品である「Alternate dimension 幻想絢爛」は1,300万円の価格で落札されました。

また、2021年3月にはSorareというゲームで使用するクリスティアーノ・ロナウド選手のNFTが28万9920ドル(日本円で約3,200万円)で売却されたことで注目を集めました。

このように既にNFTを採用しているケースはあり、今後もさまざまな活用例が生まれると考えられます。

 
NFTについて不安や懸念を感じている方は『NFTの問題点・デメリットは?やめとけと言われる理由やバブル崩壊のリスクを解説』の記事もご覧ください。

イーサリアムブロックチェーンとNFTの関係

イーサリアムブロックチェーンとNFTはオンラインゲームでの関係が深いです。

購入したゲーム内で使われる通貨を異なるゲームで使用したり、対象となるNFTのマーケットプレイスで使えたりできるようにするためにイーサリアムブロックチェーンを使用しています

ブロックチェーンはそれまでの取引履歴を利用するという仕組みです。 データの改ざんが難しいとされており、イーサリアムやビットコインキャッシュといった仮想通貨で使用されることからもセキュリティ面での信頼は高いと言えます。

コインチェックでは、ブロックチェーン技術を使用しているおすすめのオンラインゲームとして下記の5つを挙げています。

  • CRYPTO SPELLS(クリプトスペルズ)
  • The Sandbox(ザ・サンドボックス)
  • Sorare(ソラーレ)
  • My Crypto Heroes(マイクリプトヒーローズ)
  • CryptoKitties(クリプトキティーズ)

興味がある方は一度プレイしてみるとよいでしょう。

NFTの仮想通貨銘柄一覧

NFT関連銘柄の仮想通貨を一覧形式で紹介します。時価総額ランキングは2022年3月2日現在のものです。

仮想通貨銘柄

ランキング

特徴

MANA(Decentraland)

30位

VR空間「Decentraland」で使える仮想通貨

SAND(The Sandbox)

38位

「The Sandbox」ゲーム内で使える仮想通貨

AXS(Axie Infinity)

41位

NFTゲームの「アクシーインフィニティ」で使用可能、ゲームプレイすることで稼げる仮想通貨

THETA(Theta Network)

40位

非中央集権型の動画プラットフォームおよび仮想通貨

XTZ(Tezos)

45位

Dappsスマートコントラクトで使用されるプラットフォーム及び仮想通貨

FLOW(Flow)

49位

次世代のオンラインゲームやアプリをサポートするブロックチェーンおよび仮想通貨

GALA(Gala)

53位

複数のブロックチェーンゲームで使用できる仮想通貨

ENJ(Enjin Coin)

68位

エンジンプラットフォームでNFTの取引をする仮想通貨

CHZ(Chiliz)

72位

NBAを始めとしたスポーツクラブのファントークンとして使用できるNFT系の仮想通貨

NFT(APENFT)

122位

世界中の芸術作品を非代替トークン化させることを目的としたNFT系の仮想通貨

CHR(Chromia)

182位

DAppsゲームなどで使用できる仮想通貨

DEP(DEAPcoin)

312位

GameFiやNFTのマーケットプレイスで使用可能な仮想通貨

OGN(Origin Protocol)

335

P2Pネットワークを利用して商品やサービスを共有する際に使用する仮想通貨

SLP(Smooth Love Potion)

365

Axie Infinityで使用できる仮想通貨。

CWS(Seascape Crowns)

1014

Seascape Networkで使われる仮想通貨

DPET(My DeFi Pet)

1386

My DeFi Petで使われる仮想通貨

Crown(CRW)

1774

Seascape Networkで使われる仮想通貨

RAGE(Rage Fan)

2081

Rage.Fan NFTで使われる仮想通貨

スポーツチームのファントークンやデジタル作品を取引するための仮想通貨もありますが、NFT関連の仮想通貨はゲーム内で使用されるケースがしばしば見受けられます。ゲームで仮想通貨を手に入れて稼ぐ(Play to Earn)といったことが可能なので、手軽に始められるのも特徴の1つです。

将来性が期待できるおすすめのNFTトークン8選

将来性が期待できるおすすめのNFTトークンは以下の8つです。

  • SAND(The Sandbox)
  • AXS(Axie Infinity)
  • XTZ(Tezos)
  • ENJ(Enjin Coin)
  • CHZ(Chiliz)
  • NFT(APENFT)
  • DEP(DEAPcoin)
  • COT(Cosplay Token)

どれも独自の特徴があるので、ご紹介した中から自分に合っているNFTトークンを選ぶといいでしょう。

SAND(The Sandbox)

ブロックチェーンゲームのThe Sandboxで使用される仮想通貨がSANDです。

The Sandboxはマインクラフトやドラゴンクエストビルダーズなどに代表されるサンドボックス型のゲームで、目的は特になく、自分自身でやりたいことをやるタイプのゲームです。

SANDはThe Sandbox内の通貨として利用され、ゲーム内のマーケットプレイスでアイテムなどを売買できます。

The Sandboxでは自分で作ったアトラクションやゲームを有料で提供することができるので、ゲーム内でお金を稼いで別の通貨の資金にしたり、現金化したりできます。

トークン名

The Sandbox

シンボル

SAND

価格

約365.69円

時価総額

412,225,286,424円

発行上限枚数

3,000,000,000枚

ランキング

38位

公式サイト

https://www.sandbox.game/jp/about/sand/

ホワイトペーパー

https://installers.sandbox.game/The_Sandbox_Whitepaper_2020.pdf

主な取扱取引所

Binance

OKX

DigiFinex

FTX

AXS(Axie Infinity)

AXSはAxie Infinityというゲーム内で使える仮想通貨です。Axie Infinityとはブロックチェーン上で作動するゲームで、ゲーム内で仮想通貨を稼げます。 アクシーと呼ばれるNFTモンスターを使って対戦したり育成したりするゲームです

 
Axie InfinityのアクシーはNFTなので所有者が明確です。NFTの仕組みを活かし、自分だけのモンスターを育てたり他のプレイヤーに貸し出したりできます。

トークン名

Axie Infinity

シンボル

AXS

価格

約6,233円

時価総額

381,495,785,334.34円

発行上限枚数

270,000,000枚

ランキング

41位

公式サイト

https://axieinfinity.com/

ホワイトペーパー

https://whitepaper.axieinfinity.com/axs

主な取扱取引所

Binance

OKX

DigiFinex

FTX

XTZ(Tezos)

XTZはスマートコントラクトやDAppsで使用されるプラットフォームです。

XTZは独自のスマートコントラクトを形成しているので、第三者の介入がなく、時間の短縮やコストの削減ができます。例えば、NFTを売買できるプラットフォーム「Ubisoft Quartz」ではXTZが採用されました

 
XTZはNFTプラットフォームだけでなく、フランスの中央銀行デジタル通貨「CBDC」の実証実験にも採用されました。そのため、将来性がある仮想通貨として期待されています

トークン名

Texoz

シンボル

XTZ

価格

約406.63円

時価総額

355,265,704,183.56円

発行上限枚数

表示不可能

ランキング

45位

公式サイト

https://tezos.com/

ホワイトペーパー

https://whitepaper.io/coin/tezos

主な取扱取引所

bitFlyer

GMOコイン

ENJ(Enjin Coin)

ENJはブロックチェーンプラットフォームの「Enjin Platform」で使われる仮想通貨です。

Enjin Platformではゲーム、アート、スポーツ、音楽といったさまざまなNFTを作成、販売ができます。 作成プロジェクトは27,000以上になるので、いかに多くの人たちがEnjin Platformを利用しているかがご理解いただけるでしょう。

Coincheckの口座を開設する

シンボル

ENJ

価格

約176.77円

時価総額

152,042,622,263.40円

発行上限枚数

1,000,000,000枚

ランキング

68位

公式サイト

https://ja.enjin.io/

ホワイトペーパー

https://cdn.enjin.io/downloads/whitepapers/enjin-coin/en.pdf

主な取扱取引所

Coincheck

GMOコイン

CHZ(Chiliz)

CHZはプロスポーツクラブでファントークンとして使用されている仮想通貨です。

クラブのファンがCHZを保有することで、当該クラブの色々なサービスを受けられます。 例えば、応援するチームのロッカールームに飾るアートワークを決める権利を持てたり、公式グッズのプレゼントがあったりとファンにとっては嬉しいサービスを受けられます。

ファンであることを証明するトークンとして、NFTの仕組みが役立ち、CHZが活用されています。

 
NBAのクリーブランド・キャバリアーズではCHZのファントークンの売買を行うSocios.comと提携しており、将来性がある仮想通貨だと言えます。

シンボル

CHZ

価格

約21.78円

時価総額

129,192,616,086.39円

発行上限枚数

8,888,888,888枚

ランキング

74位

公式サイト

https://www.chiliz.com/jp/

ホワイトペーパー

https://www.chiliz.com/docs/CHZ_summary_jp.pdf

主な取扱取引所

Binance

OKX

DigiFinex

FTX

NFT(APENFT)

NFTはAPENFTが運営、開発した独自トークンです。世界的なアート作品をNFTにすることを目的として作られた仮想通貨です

NFTにすればアナログな芸術作品を半永久的に保存することもできるので、アーティストとデジタルを繋ぐ架け橋になることが期待されます。

トークン名

APENFT

シンボル

NFT

価格

0.0002013円

時価総額

55,675,407,132.59円

発行上限枚数

999,990,000,000,000枚

ランキング

124位

公式サイト

https://www.apenft.org/

ホワイトペーパー

不明

主な取扱取引所

l  OKX

l  DigiFinex

l  Bybit

l  CoinTiger

DEP(DEAPcoin)

DEPはNFTゲーム「PlayMining」で使用できる仮想通貨です。

PlayMiningを遊ぶことでDEPを入手することができ、入手したDEPはNFTマーケットプレイスでNFTの売買に使用できます。例えば、アニメ「ヤッターマン」や漫画「ブラックジャックによろしく」のNFTがあるので、日本人からするとなじみがあるでしょう。

BITPointの口座を開設する

詳しくは『DEAPcoinとは?将来性・価格・日本上場の可能性を考察』の記事でも解説します。

トークン名

DEAPcoin

シンボル

DEP

価格

3.93円

時価総額

16,330,385,370.25円

発行上限枚数

30,000,000,000枚

ランキング

304位

公式サイト

https://dea.sg/jp/service-jp/

ホワイトペーパー

https://playmining.gitbook.io/whitepaper/

主な取扱取引所

BITPOINT

COT(コスプレトークン)

COTはコスプレイヤーたちによるコスプレ経済圏を拡大することを目的としたトークンです。コスプレイヤーがNFTを発行でき、ファンはCOTによってNFTを購入できます

 
COTは2022年3月14日にZaif・サクラエクスチェンジへ上場。ENJやDEPに続くNFT関連銘柄の仮想通貨として注目を集めています。『コスプレトークン(COT)とはどんな仮想通貨?価格・買い方・今後の予想』の記事で詳細について紹介します。

トークン名

コスプレトークン

シンボル

COT

価格

30円

時価総額

非開示

発行上限枚数

1,000,000,000枚

ランキング

不明

公式サイト

https://cot.curecos.com/jp/

ホワイトペーパー

https://cot.curecos.com/docs/COT-Whitepaper_JP.pdf

コントラクトアドレス

0x5cac718a3ae330d361e39244bf9e67ab17514ce8

NFTの仮想通貨を購入できる取引所4選

NFTの仮想通貨を購入できる取引所は以下の4つです。

  • Coincheck
  • BITPoint
  • Binance
  • Gate.io

それぞれに特徴があるので、1つずつ解説します。

Coincheck

コインチェックの口座開設のやり方

仮想通貨の取り扱い種類が国内No.1のCoincheck(コインチェック)がおすすめのNFT取引所の1つです。

Coincheckでは仮想通貨の取引所だけでなく、Coincheck NFTというNFTを専用で取り扱う取引所があります。

Coincheck NFTは暗号資産を使ってNFTを売買することが可能です。面倒な手続きを省けたり手数料を抑えられたりしますし、主なNFTゲームにも対応しているので利用しやすいです。

  • CryptoSpells
  • The Sandbox
  • NFTトレカ
  • Sorare
  • Meebits
  • TOMO KOIZUMI
  • Joyfa

コインチェックの口座を持つ人であれば誰でも利用できます。NFTを資産の1つにしたいと考えている方はまずCoincheck NFTを利用するのがおすすめです。

NFT銘柄をCoincheckで探す

BITPoint

BITPoint

NFTの取り扱いを考えている方はCoincheck だけでなくBITPointも口座開設しておくといいでしょう。

BITPointの最大の特徴はDEAPcoinの取り扱いがあることです。 NFTゲームであるPlayMiningは遊んだ結果に応じてDEAPcoinを獲得できるので、楽しみながら稼ぐことができます。

また、PlayMining内のゲームは全てDEAPcoinを利用しているので、別のゲームを遊んでも今まで遊んでいたゲームのDEAPcoinをそのまま引き継げます。

現在、PlayMiningで遊べるタイトルは以下のとおりです。

  • JobTribes
  • Lucky Farmer
  • PlayMining Puzzle × JobTribes
  • PlayMining NFT

今後もゲームタイトルは増えていく予定です。将来性が期待できる通貨なので早めに購入するとよいでしょう。

NFT銘柄をBITPointで探す

Binance

Binance

Binance(バイナンス)は世界最大の仮想通貨取引所です。

BinanceはBinance NFTというNFTを専門に扱ったマーケットプレイスがあり、世界中のクリエイターやNFTコレクターに対して最小限の費用で提供しています。

また、Binance NFTはプレミアムイベントとマーケットの2つで構成されており、全てのユーザーが気軽にアクセスできて、貴重なNFTを売買できるようになっています。

Binanceは日本の取引所では取り扱いのないアルトコインを扱っているので、海外口座を開設するなら最初に開設しておくとよいでしょう。

Gate.io

gate,io

Gate.ioはNFTゲームが充実しているので、NFTゲームで仮想通貨を稼ぎたいと考えている方におすすめです。 具体的には以下の取り扱いがあります。

  • METAVERSE CATS
  • Bitcoin Belief
  • OpenPunks
  • PUNK_TOY
  • Gate_of_CryptoStars
  • MetaArtificialWorld
  • Timeless Art
  • Bored_Ape_Gang_Club
  • Carrot Punks
  • MasterHornClub_2
  • Joker Meta
  • Squid KIKO
  • DE_ILLUSTRATIONS
  • K9S
  • MasterHornClub
  • Metaverse Apes
  • Losercoin
  • DreamVerse
  • Allen_Iverson
  • Tribute_to_KAWS
  • BugPunks
  • Bidinbyte

注目のNFT関連銘柄の仮想通貨を調べてみよう

NFT関連の仮想通貨を紹介しました。今回取り上げた銘柄のほかにもさまざまなNFT関連銘柄が存在します。

手続き自体はたった2ステップしかありません。

  1. アカウント登録をする
  2. 本人確認を行う

Coincheckの開設手順は以下の動画よりご覧ください。 

Coincheckの口座開設作業はパソコン・スマートフォンから5分程度で完了します。NFT関連銘柄を購入したい方は登録してみましょう。

NFT銘柄をCoincheckで探す

NFTの市場規模はまだまだ拡大していくと予想されます。関連銘柄の価格が高騰する可能性も十分にあるため、いまのうちに注目しておくとよいでしょう。もし、Coincheckが不安だと感じる場合は『コインチェックの評判・口コミはどうなの?信頼性や安全性は大丈夫?』の記事をご覧ください。