estlinks
2019.03.04

【店舗・企業向け】自分でできるホームページのSEO対策

COLUMN

- 2019.03.04 - SEO

【店舗・企業向け】自分でできるホームページのSEO対策

  • googleplus

「ホームページを作ったはいいもののまったくアクセスがない」という悩みは、多くの方が抱えていると思います。現代のwebマーケティングの重要性から考えてもホームページを作ることは正しい選択ですが、ただ作るだけでは意味がありません。きちんとホームページを使って集客することが大事です。

SEO対策は狙ったワードで検索エンジンに上位表示させることで集客する、webマーケティングの手法の一つです。一般的なweb広告に比べランニングコストが抑えられるうえに、正しい方法で実践すれば長期的な集客が見込めます。

今回は店舗や企業ホームページの集客で悩んでいる方向けに、お金を掛けずにできるSEO対策の方法をご紹介します。

どんなホームページの検索順位が上がるのか?

検索順位が上がるホームページ
まず、そもそも検索で上位表示されるホームページとはどういったものなのか知っておきましょう。

原則として検索エンジンは、「そのキーワードで検索した人に最も適した回答が載っていると思われるページ」を上位に表示します。そして、「そのキーワードで検索した人に最も適した回答が載っていると思われるページ」の判断は、簡単にまとめると以下のようなポイントを基準にしています。

  • ・アクセスの質
  • ・他サイトからリンクの量と質
  • ・キーワードに対する専門性・網羅性

これらのポイントを満たすホームページが作れれば、検索順位が上がり集客力も高まります。

アクセスの質

検索エンジンの最大手であるGoogleは、記事内容そのものはもちろん、検索ユーザーがどの様な行動をとったかも見ることで、そのページを客観的に評価しています。では質の高いアクセスとはいったいどのようなものなのでしょうか?

ここで一度、自分が検索をした時の行動を思い出してみてください。

検索から訪れたホームページ(コンテンツ)に自分の疑問を解決する内容が書かれていれば、おそらく時間をかけてしっかり読み込むはずです。また、そのページを最後まで読むかもしれません。つまり、有益なコンテンツは、「滞在時間が長く」「読了率が高い」はずです。

次に、そのページを閉じた後の行動を思い出してみてください。

自分の悩みや疑問が解決した場合は、おそらくブラウザを閉じるか、別のキーワードで検索をするのではないでしょうか。逆に自分の悩みや疑問が解決しなかった場合は、ブラウザバックして別のサイトを見始めると思います。つまり、読者の悩みや疑問を解決できているコンテンツでは、「読了後そのキーワードでの検索活動を終了した」という行動が多くみられるはずです。

コンテンツの質とユーザー行動

まとめると、質の高いアクセスとは、「滞在時間が長い」「読了率が高い」「離脱後に同じキーワードで表示された別サイトを開かない」アクセスのことです。アクセスの質が高いコンテンツはキーワードとのマッチ度が高いと判断され、より検索結果の上位に表示されやすくなります。

他サイトからリンクの量と質

被リンクとサイトの価値
Googleの基本的な考え方として、他サイトに多く引用(リンク)されたコンテンツを重要であると判断します。「よく引用される論文はいい論文」という考え方を、検索エンジンに流用しているようです。また、リンクの質も重要です。誰もアクセスしないサイトよりも、多くのアクセスがあるサイトからのリンクの方が質が高いと判断されます。

つまり、アクセスが多いサイトや権威性があるサイトから多くのリンクを獲得しているサイトは、検索順位も上がりやすくなります。

なお、以前はリンクの質は重要視されておらず、質の低いバックリンクでもとにかくたくさん送り込めば検索順位が上がったようですが、現在ではペナルティの対象となります。

キーワードに対する専門性・網羅性

専門性・網羅性が高いコンテンツ
検索エンジンは、より専門性・網羅性があるサイトを評価します。たとえば「株 稼ぎ方」というキーワードでは、「昨日株を始めた人が調べながら書いた200文字の記事」よりも、「株で10年生活してきた人が自分のノウハウをすべて詰め込んだ1万文字の記事」の方が専門性・網羅性が高く、価値があると判断されます。

ホームページのSEO対策

どうすれば検索順位が上がるのか、どうすればホームページへのアクセスが増えるのか、業者に依頼しないでもできる具体的な施策を紹介します。

必要な基本ページを用意する

まず、ホームページではお馴染みの、基本情報ページを作成しましょう。業者に制作を依頼している場合はすでに用意されていると思いますが、以下のページを作成してください。

  • ・インフォメーション
  • ・メニュー(料金表)
  • ・店舗情報
  • ・問い合わせページ

これらがあることでSEO効果が特別高まるというわけではありませんが、訪問者の信頼を得るためには最低限必要なページです。

事例・お客様の声を充実させる

お客様の声を充実させる
施工事例やお客様の声は、訴求力が高いので問い合わせにつながりやすいです。また、回遊性が高いので、読者の滞在時間が延びドメインパワーも強くなります。とくに扱う商材が高額な場合は積極的に増やしていきましょう。

読者にとって役立つコンテンツを充実させる

自社商品や自社サービスに関連するお役立ちコンテンツを作成し、ホームページに掲載する手法があります。ホームページ内にコラムを追加することが難しい場合は、別で無料ブログを立ち上げて集客し、公式ホームページにリンクを送るという形でもいいでしょう。コンテンツ例としては、仮に塗装業なら「ムラなくペンキを塗る方法」、カフェなら「美味しいコーヒーの淹れ方」などです。

この手法は、競合が弱いキーワードでコンテンツを作ることで、上位表示が比較的容易にできるというメリットがあります。また、役立つコンテンツを継続的に配信することで、サイト全体の評価が上がるケースもあります。

MEMO

ただし2019年1月現在は、「地域+業種」のようなKWではコンテンツが少ないサイトのほうが評価されるケースも見受けられます。検索エンジンの動向を見る限りGoogleマイビジネスとの相関性も考えられるため、MEO(Google Mapに対する最適化)の可能性も少なくありません。

外部リンクを獲得する

外部リンク
サイトの評価を上げるためには外部リンクを獲得する必要があります。質の高いコンテンツを発信するのはもちろんですが、外部リンクを獲得するための施策を打った方が良いでしょう。

露出が増えると外部サイトで取り上げてもらえる可能性があがるので、SNSで発信する、利用者にSNSで発信してもらうというのもいい方法です。

基本的な内部対策の実施

上記のほかにやっておいた方がいい、基本的なSEO対策は以下のとおりです。

titleタグ(サイトタイトル)の最適化

titleタグとは、簡単に言えばサイトタイトルのようなものです。お店や企業の名前をそのままtitleタグにしているケースも見受けられますが、ホームページで集客を目指すのであれば必ずキーワードをに含めるようにしましょう。

たとえば業種が「ハウスクリーニング」で静岡在住の人を集客したいなら、「ハウスクリーニング 静岡」をキーワードとして、「静岡No.1ハウスクリーニング業者○○(業者名)」といったtitleタグを作成します。

モバイルフレンドリーに対応する

モバイルフレンドリーとはモバイル端末(スマートフォン)への最適化のことを指します。モバイルフレンドリーテストというツールで、自分のサイトが対応しているかどうか確認してみてください。

現在すでに、モバイル検索の回数はPC検索の回数を上回っています。スマホユーザーへの最適化は、できる限り早く実施した方が良いでしょう。

内部リンクの最適化

内部リンクの最適化

Googleは、ページ内に設置されているリンクをたどってインターネット上を巡回しています。したがって、どこからもリンクされていないページはGoogleから存在を認知されない可能性があります。必ずすべてのページが内部リンクで結ばれるようにしましょう。

meta descriptionの最適化

meta descriptionとは、検索結果のサイトタイトルの下に出てくる説明文です。80文字~130文字程度表示されます。自店がどんなお店なのか、またはこのサイトがどんなサイトなのか、簡潔な説明を設定します。meta descriptionにはtitleタグ同様メインキーワードを含めましょう。

まとめ

SEO対策は、個人でも十分に取り組めます。コンテンツも自身の事業についての情報を提供すれば良いので、高品質なコンテンツが作りやすいはずです。web集客に悩んでいる方は、ぜひ上記を参考にSEO対策に取り組んでみてください。

CONTACT

コンテンツ制作やSNS運用代行、miteco広告掲載のお問い合わせは以下のコンタクトよりご連絡ください。
また、ライター・編集者の採用募集等も以下フォームからお問い合わせいただけます。