fbpx
estlinks
2020.01.23

MEOとは?Googleマイビジネスを使ったローカルSEOのやり方を徹底解説

COLUMN

- 2020.01.23 - SEO

MEOとは?Googleマイビジネスを使ったローカルSEOのやり方を徹底解説

  • googleplus

MEOはポータルサイトに変わる新しい集客方法として、注目を集めている施策です。

Google Mapを利用した施策なので、スマートフォンを利用するユーザーを来店へと促します。

MEOを行うことで店舗経営者にどのようなメリットがあるのか、導入すべき理由や方法と併せて紹介します。

MEOとは?

MEOとはGoogle Mapの検索エンジンに合わせて最適化を行う方法で、Map Engine Optimizationの略語です。

例えば「美容院」+「地名」といったKWで検索した場合、検索結果にGoogle Mapの情報と近隣の店舗が表示されます。

MEOはこのような ローカルSEO としても機能しています。そのため、コンテンツを最適化すれば「地名+KW」で上位に表示することも可能です。

MEOではどのような効果が見込めるのでしょうか?

MEOによる顧客誘導サービス

MEOによって、自社のGoogleマイビジネスを上位結果として表示させることが可能です。上位に表示された分、アクセス数やクリック数も増やすことができます。

加えて目的が明確となっているユーザーは、経路案内でそのままお店に誘導させることも可能です。

Google MAPの順位が決定される要素

MEOで順位を上げる方法として以下の要素を取り入れることが重要です。
上位表示に必要な要素を見ていきましょう。

検索内容との関連性

MEOでは、登録されたGoogleマイビジネスの内容と検索KWの関連性で順位を判断します。

もし上位表示を目指すのであれば、Googleマイビジネスの内容をKWに沿ったものに変更することが必要です。
また、上位表示を狙うKWの選定も併せて行います。

知名度の高さ

店舗や施設の知名度も検索結果に影響します。

知名度はGoogle上でサイテーションとも呼ばれています。
ほかにも他サイトやブログ、どれだけSNSで紹介されているかも重要な判断基準です。

サイテーションに必要な情報として「名称」や「住所」、「電話番号」が挙げられます。
ほかにも、自社のサイトがあれば自社リンクも必要です。

サイテーションは被リンクの有無よりも情報の正確性が重視されます。

なぜなら実際に存在する場所が対象となるため、リンクの質よりも店舗に関する情報の方が優先されるからです。

口コミやレビュー数

サイテーションはレビューの数や内容、ユーザーの評価も加味されます。
したがって、実店舗の満足度や対応も直接評価に影響します。

もちろん評価の高いレビューや参考になったユーザーが多い口コミは、その分上位表示がされやすくなります。

加えてGoogleでは、ユーザーとのコミュニケーションを推奨しています。
投稿された口コミに関して、返信を行うことも評価される要素です。

返信は高評価だけでなく、悪い口コミにも行うことでサイテーションの増加を促すことができます。

検索場所と距離

検索された地名と登録された住所との距離も上位表示されるポイントです。
場所を含まずに検索された場合は、検索が行われた現在地から判断されます。

しかし、実際の距離が遠い場合でも上位表示は可能です。
そのため上記で紹介した要素と比べると優先度は低くなっています。

MEOのメリット・効果

MEOを行うことで以下のメリットがあります。

①知名度、集客数の増加
②結果が反映されやすい
③高いコストパフォーマンス
④口コミや利用者の声が直接反映できる

それぞれのメリットについて詳しく見ていきましょう。

知名度、集客数の増加

MEOによって上位表示がされれば、それだけ利用者の目にも止まりやすくなります。

「地域名」+「業界」 で上位表示されることにより、直接店舗や施設名を検索しなかったユーザーにも情報を届けることが可能です。

さらに緊急性のあるユーザーは、上位表示の結果やレビューの内容を見て判断するケースも多いため、直接集客につなげることもできます。

結果が反映されやすい

現段階で競合の少ないMEOは、比較的時間をかけずに上位表示ができます。
多くの場合ですと1週間~1か月以内で成果を出すことが可能です。

また、Googleマイビジネスのアカウントがあればを始められるため、一般的な広告施策と比べて上位表示にかかる工数も減らせます。

関連記事:地方の中小企業がSEOに取り組む意味ってあるの?メリット・費用対効果・怪しい電話営業の業者を見分けるコツ

高いコストパフォーマンス

SEOの難易度向上に伴い、上位表示にはお金や時間をかける必要が出てきました。業種によっては費用対効果が出ないこともあります。

また、従来のポータルサイトは、上位表示のために高い掲載料を支払う必要があります。

しかし、MEOでは反映が早く工数も減らせるため、価格を抑えることが可能です。

関連記事:SEOはオワコンですか?2021年のWEBマーケティングの流れを予想

口コミや利用者の声が直接反映できる

投稿された口コミは、ほかのユーザーにも共有されます。 評価の高い口コミが増えれば、その分お店の信頼性や安心感を上げることが可能です。

口コミは基本的に削除することができず、サクラ投稿といった行為もガイドライン上で禁止されています。
そのため、投稿された口コミは信頼性の高いレビューとしてユーザーに発信可能です。

MEOの効果

MEOの実施によって以下のアクセス数を増やすことができます。

・直接検索数(ビジネス名や住所検索の表示回数)
・間接索数(カテゴリやサービスの検索の表示回数)
・ウェブサイトのアクセス数
・ルートの照会(経路検索)数
・通話数

なお、弊社事例では上記アクセス数を増やすとともに、以前は600件だった間接検索数を約10倍、15件だった電話の数を1.5倍以上増やすことに成功しております。

MEOをすべき理由

MEOもSEOと同様に表示順位に直接影響します。
目的によっても異なりますが、なぜMEOをすべきなのか理由を見てみましょう。

スマートフォンユーザーの増加

スマートフォンユーザーの増加により、店舗や施設の検索が手軽に行えるようになりました。
加えてGoogleもこうした検索意図に合わせて順位を反映しています。

MEOでは、

①Google検索やユーザー意図に最適化して上位表示を狙う
②スマートフォンを利用する潜在ユーザーそのものにアプローチ
③店舗や施設の場所を正しく地図に表示させる

ことができます。ほかにもWebサイトの アクセスや電話予約、経路検索 も可能です。
そのため直接集客につながる方法としても効果があります。

関連記事:検索意図とは?考え方・調べ方・ズレが出ないSEO記事作成の方法を解説

サイト上位表示の難易度向上

上位表示の難易度は、検索エンジンのアップデートにより年々向上しています。

加えてKW次第では、その業界のポータルサイトが上位に表示される傾向です。
SEOで上位表示する為には、多くのコストや労力をかける必要があります。

また、ポータルサイトに掲載する場合も、多くの競合と比較される形で表示されます。
そのため掲載しても必ずユーザーを獲得できる手法とはいえません。

一方ローカルSEOであるMEOでは、単純にそのエリアの競合と検索順位を競えます。

取り組んでいる企業や競合が少ない

SEOと比べるとMEOを行っている企業はまだ多くありません。
そのため競合が少なく、上位表示しやすい施策といえます。

加えて表示される範囲はエリアごとに限定されており、上位表示される数も3位までです。
比較対象が少ない分効率的に集客ができます。

MEOをすべき業種・サイト


より詳細な事例に関しては以下のページでも紹介しているため、気になる方はぜひ確認してみてください。

MEOは実店舗を構えているお店であれば、業種に関係なくすることができます。代表的な業種について見てみましょう。

・飲食店
付近の飲食店を探すためにGoogle Mapを利用してお店を探す人も多くいます。
問い合わせ先も記載されているので、予約やデリバリーサービスを頼む際にも便利です。

・リラクゼーション、美容
お客さんの呼び込みや予約の際に効果的です。
特に同じエリアに競合店が集中している場合は、MEOを行うことで他の店舗よりも優位に表示させることができます。

・サービス業、販売店
地域に密着したMEOは、提供する製品やサービスに関係なく店舗と相性の良い集客方法です。

その際にGoogleマイビジネスに登録できない移動販売店は、MEOができないため注意してください。

・医療機関
新しく通う必要のある病院を探す場合もGoogle Mapは利用されます。
電話による受付や新規顧客を取り入れる方法としても活用可能です。

・教育機関、予備校
エリアの代表校として表示されるため、学校自体の知名度を上げることができます。
また、電話番号や経路検索もできるため、初めて訪れる来客や生徒に対しての利便性が高まります。

・宿泊施設
観光地や目的地を検索した際に表示させることで、直接予約に促すことが可能です。
加えて実際に訪れる際のユーザビリティを向上させる効果もあります。

もちろん上記で挙げた業種以外にもMEOは可能です。
Googleマイビジネスでは1500種類以上の業種から選べるため、
によってより詳細な情報をユーザーに提供することができます。

MEOは集客するうえでとても有効な手段です。
これからをしたいけど、どうやって行うのか気になる人もいるでしょう。

ここではMEOにあたってどのようなやり方があるのか、上位表示させる仕組みとともに紹介します。

MEOは自分でもできるの?

MEOはGoogleマイビジネスに登録すれば行えるため、自分でやろうと考える人も多くいます。
ここでは自分でMEOを行う際の注意点を紹介します。

個人でもMEOは可能

MEOは他の集客方法と比べると、比較的コストが少なく方法も限られています。
そのため、自分だけでも行いやすい施策といえるでしょう。

しかし、他の方法と同様に上位表示させる為のノウハウや知識が必要です。

また間違ったやり方のまま行ってしまうと、成果が出ないだけでなく、規約違反によるペナルティにもつながります。

加えて上位表示し続けるためには、定期的な更新も必要です。
したがって、満足のいく結果を得るにはそれなりの労力がかかるでしょう。

すぐに結果を出したい場合は専門企業に依頼するのも手段

上記問題を解消する方法として、専門の企業にお願いする手段が挙げられます。

MEOを依頼するメリットは以下の通りです。

・実績や経験に基づいたコンサルティングが受けられる
・独自ツールや自社ノウハウの提供
・ストリートビューの追加といったコンテンツの質を向上

専門業者に依頼すれば、個人ではまかないきれない領域までカバーできます。

詳細な効果や方法は、依頼する企業によっても異なる傾向です。

MEOのやり方

MEOを行うにはGoogleマイビジネスに登録し、情報を最適化することが重要です。
MEOの具体的なやり方についてみてきましょう。

事前に傾向を分析

対象エリア

するエリアによって、KWの検索回数やユーザーの傾向は異なります。
もし有名なエリアや人が集中する場所を選んでも、店舗から遠ければ直接集客につながりません。

そのため距離が近くて集客効果の得られやすいエリアを事前に分析します。

キーワード

検索されるKWによってユーザーの目的は異なります。

KWの検索回数が多いほど、上位表示の難易度は上がります。
加えて、検索の意図が来店目的ではない場合は、いくら上位表示されても集客効果が薄いです。

そのため検索ボリュームを見ながら直接来客に促せそうなKW選びを行います。

競合店舗の比較

同じエリア内に存在する競合店舗の数や順位を比較をします。

周りの店舗がMEOをしていない場合は、その分上位表示をさせる可能性が高まります。

また、ユーザーはいくつかの店舗を比較して選ぶため、必ずしも1位になる必要はありません。

Googleマイビジネスに登録する

MEOの運用にあたってGoogleマイビジネスの登録は必須です。
どのように登録するのか見てみましょう。

オーナー登録の確認

自分でGoogleマイビジネスに登録していなくても、Googleによって自動で登録されている場合があります。

その場合は二重登録にならないように、あらかじめ確認しておくとよいでしょう。
既に登録されていたのであれば、オーナー確認が必要です。

オーナー確認は申請後にハガキで郵送されます。

ビジネス形態によっては電話やメールでも可能なので、最適な方法で登録しましょう。

ビジネス名

あらかじめ登録されているカテゴリーの中から業態を選びます。
もし複数のサービスを提供している場合は、2つ以上の設定も可能です。

その場合は最初に選んだものがメインカテゴリーとなります。

住所

マップ上で実際に表示される住所を登録します。
曖昧な記載を避け住所や番地、階数まで正確に入力してください。

半角や全角といった表記ゆれも誤字として認識されるため、必ず統一するようにしましょう。

また経路案内で表示されるピンの調整も行えます。

サイトURL

店舗のウェブサイトがある場合は、URLを記載します。

その際にGoogleマイビジネスの情報とページの内容が統一されているか注意しましょう。

また、ウェブサイトに不適切なコンテンツが含まれていた場合もペナルティの対象となります。

電話番号

登録しておくことで検索結果から電話が掛けられます。

直接集客や予約にもつながるため、正しく記載してください。

定休日・営業時間

営業時間は曜日ごとに登録することが可能です。

休憩や一度お店を閉める場合は、同じ曜日に複数の営業時間を追加することもできます。

また、変則的な営業時間も特別営業時間として設定が可能です。

お客さんの集客にもつながるので、必ず登録しておきましょう。

写真

店内の様子や外観、スタッフの画像を登録します。
写真は利用者や一般のユーザーも投稿することが可能です。

写真の表示には優先度があり、基本的にオーナーが投稿したものが目立つように表示されます。

自分で登録した写真であれば、すぐに消すことが可能です。
しかし利用者から投稿された写真は、一度Googleに報告する必要があります。

好きな写真を主に表示したい場合は、自分の写真を多く登録しましょう。

提供するサービスやメニュー名

提供する商品やメニューを入力します。

特定の商品が無い場合や飲食店以外でも入力は可能です。
その際は提供するサービス内容を入力してください。

登録した情報を最適化

Googleマイビジネスを登録しただけでは、MEOで上位表示を狙えません。
ここでは登録した情報を見てもらえるように最適化する方法を紹介します。

店舗のストリートビューを追加

ストリートビューとは360度見渡せるパノラマ写真です。

店内のストリートビューを追加することで、実際に訪れたような雰囲気を感じることができます。

まだお店に来たことのない潜在顧客にアピールする方法としても最適です。

撮影は自分でも行えますが、専用の機材が必要になります。

ユーザーレビューや口コミを増やす

口コミの数や評価の高さは、Googleが上位表示を決める要素です。

また、実際に利用するユーザーも内容を見ることができます。

そのため、口コミや高評価を増やすことはMEOにおいて重要なポイントです。

また、投稿された口コミに対して返信することで、利用者とのつながりを作ることができます。

口コミの返信はほかのユーザーも確認でき、Googleも推進しているため、積極的に活用しましょう。

ネットの露出を増やす

店舗の情報はGoogleマイビジネス以外にも取得することが可能です。

Googleでは定期的にサイトを巡回して情報を集めています。

集めた情報の中に自社の情報が多ければ、それだけ人気があると判断され、上位表示されやすくなります。

そのためGoogleマイビジネス以外の露出もMEOとして効果的です。

適度に更新を行う

Googleマイビジネスの情報はその都度更新することが可能です。

もし営業時間やサイトURLが変わった場合は、速やかに変更することで情報の差異を防ぎます。

また、投稿機能を使ってイベントやサービス、商品の情報を直接表示させることも可能です。

2件以上の投稿もできるので、タイムリーな情報発信ができるでしょう。

MEOを行う注意点

MEOを行う上でどのようなことに注意すべきなのか見てみましょう。

ガイドラインに違反する行為は行わない

MEOはGoogleが定めたガイドラインに合わせて行うことが重要です。

もしガイドラインに違反すれば、アカウントの停止といったペナルティが発生します。
加えて重大な違反になれば、マイビジネス自体が削除されるため注意が必要です。

Googleマイビジネスの主な違反行為は以下の通りです。

①誤解を招く表現や情報の公開
②関連性の無さや誤脱といった質の低いコンテンツ
③リンクが含まれたコンテンツ
④危険な商品や違法サービスのアップロード

詳細な内容は、Googleマイビジネスのヘルプセンターからも確認できます。
もしを考えているのであれば、あらかじめ見ておくと安心です。

実店舗が無いと利用できない

Googleマイビジネスは、実際の店舗やオフィスが存在する企業のみ対象となります。

そのため、移動販売店といった特定の店舗を持たない企業は利用できません。

しかしスケートリンクといった一定の期間だけ営業する場合でも、その場所に看板が常設してあれば例外となります。

まとめ

MEOを行うことでGoogleマップの結果を上位に表示し、店舗の知名度や集客力 住所や電話番号、経路検索まで発信できるため、利用者のユーザビリティの高さも特徴です。

方法はMEOを行う企業によって異なるため、事前に仕組みを理解したうえで見積もりをしてみましょう。

estlinksのSNS運用 コンテンツマーケティング代行をご検討中の方はこちら

CONTACT

コンテンツ制作やSNS運用代行、miteco広告掲載のお問い合わせは以下のコンタクトよりご連絡ください。
また、ライター・編集者の採用募集等も以下フォームからお問い合わせいただけます。