estlinks
2020.01.23

MEO対策って何?対策すべき理由とメリットについて

COLUMN

- 2020.01.23 - MEO

MEO対策って何?対策すべき理由とメリットについて

  • googleplus

MEO対策はポータルサイトに変わる新しい集客方法として、最も注目を集めている施策です。

Google Mapを利用した施策なので、スマートフォンを利用するユーザーを来店へと促します。

MEOを行うことで店舗経営者にどのようなメリットがあるのか、導入すべき理由や方法と併せて紹介します。

MEO対策とは?

MEOとはGoogle Mapの検索エンジンに合わせて最適化を行う方法で、Map Engine Optimizationの略語です。

例えば「美容院」+「地名」といったKWで検索した場合、検索結果にGoogle Mapの情報と近隣の店舗が表示されます。

MEOはこのような ローカルSEO としても機能しています。そのため、コンテンツを最適化すれば「地名+KW」で上位に表示することも可能です。

MEOにはどのようなサービスが提供できるのでしょうか?

Google Mapを利用した顧客誘導サービス

MEOによって、自社のGoogleマイビジネスを上位結果として表示させることが可能です。上位に表示された分、アクセス数やクリック数も増やすことができます。

加えて目的が明確となっているユーザーは、経路案内でそのままお店に誘導させることも可能です。

MEOの順位が決定される要素

MEOで順位を上げる方法として以下の要素を取り入れることが重要です。
上位表示に必要な要素を見ていきましょう。

検索内容との関連性

MEOでは、登録されたGoogleマイビジネスの内容と検索KWの関連性で順位を判断します。

もし上位表示を目指すのであれば、Googleマイビジネスの内容をKWに沿ったものに変更することが必要です。
また、上位表示を狙うKWの選定も併せて行います。

知名度の高さ

店舗や施設の知名度も検索結果に影響します。

知名度はGoogle上でサイテーションとも呼ばれています。
ほかにも他サイトやブログ、どれだけSNSで紹介されているかも重要な判断基準です。

サイテーションに必要な情報として「名称」や「住所」、「電話番号」が挙げられます。
ほかにも、自社のサイトがあれば自社リンクも必要です。

サイテーションは被リンクの有無よりも情報の正確性が重視されます。

なぜなら実際に存在する場所が対象となるため、リンクの質よりも店舗に関する情報の方が優先されるからです。

口コミやレビュー数

サイテーションはレビューの数や内容、ユーザーの評価も加味されます。
したがって、実店舗の満足度や対応も直接評価に影響します。

もちろん評価の高いレビューや参考になったユーザーが多い口コミは、その分上位表示がされやすくなります。

加えてGoogleでは、ユーザーとのコミュニケーションを推奨しています。
投稿された口コミに関して、返信を行うことも評価される要素です。

返信は高評価だけでなく、悪い口コミにも行うことでサイテーションの増加を促すことができます。

検索場所と距離

検索された地名と登録された住所との距離も上位表示されるポイントです。
場所を含まずに検索された場合は、検索が行われた現在地から判断されます。

しかし、実際の距離が遠い場合でも上位表示は可能です。
そのため上記で紹介した要素と比べると優先度は低くなっています。

MEO対策をすべき理由

MEO対策もSEOと同様に表示順位に直接影響します。
目的によっても異なりますが、なぜMEO対策をすべきなのか理由を見てみましょう。

スマートフォンユーザーの増加

スマートフォンユーザーの増加により、店舗や施設の検索が手軽に行えるようになりました。
加えてGoogleもこうした検索意図に合わせて順位を反映しています。

MEO対策では、

①Google検索やユーザー意図に最適化して上位表示を狙う
②スマートフォンを利用する潜在ユーザーそのものにアプローチ
③店舗や施設の場所を正しく地図に表示させる

ことができます。ほかにもWebサイトの アクセスや電話予約、経路検索 も可能です。
そのため直接集客につながる方法としても効果があります。

サイト上位表示の難易度向上

上位表示の難易度は、検索エンジンのアップデートにより年々向上しています。

加えてKW次第では、その業界のポータルサイトが上位に表示される傾向です。
SEOで上位表示する為には、多くのコストや労力をかける必要があります。

また、ポータルサイトに掲載する場合も、多くの競合と比較される形で表示されます。
そのため掲載しても必ずユーザーを獲得できる手法とはいえません。

一方ローカルSEOであるMEOでは、単純にそのエリアの競合と検索順位を競えます。

取り組んでいる企業や競合が少ない

SEOと比べるとMEO対策を行っている企業はまだ多くありません。
そのため競合が少なく、上位表示しやすい施策といえます。

加えて表示される範囲はエリアごとに限定されており、上位表示される数も3位までです。
比較対象が少ない分効率的に集客ができます。

MEO対策のメリット・効果

MEO対策を行うことで以下のメリットがあります。

①知名度、集客数の増加
②結果が反映されやすい
③高いコストパフォーマンス
④口コミや利用者の声が直接反映できる

それぞれのメリットについて詳しく見ていきましょう。

知名度、集客数の増加

MEO対策によって上位表示がされれば、それだけ利用者の目にも止まりやすくなります。

「地域名」+「業界」 で上位表示されることにより、直接店舗や施設名を検索しなかったユーザーにも情報を届けることが可能です。

さらに緊急性のあるユーザーは、上位表示の結果やレビューの内容を見て判断するケースも多いため、直接集客につなげることもできます。

結果が反映されやすい

現段階で競合の少ないMEOは、比較的時間をかけずに上位表示ができます。
多くの場合ですと1週間~1か月以内で成果を出すことが可能です。

また、Googleマイビジネスのアカウントがあれば対策を始められるため、一般的な広告施策と比べて上位表示にかかる工数も減らせます。

高いコストパフォーマンス

SEOの難易度向上に伴い、上位表示にはお金や時間をかける必要が出てきました。

また、従来のポータルサイトは、上位表示のために高い掲載料を支払う必要があります。

しかし、MEOでは反映が早く工数も減らせるため、価格を抑えることが可能です。
お金をかけずに上位表示が狙えるため、店舗の広告費が限られている場合もおすすめです。

詳細な金額や対策方法は、MEOを行う企業によって異なります。
弊社でもMEO対策を取り扱っているため、気になった方はお気軽にお問い合せ下さい。

口コミや利用者の声が直接反映できる

投稿された口コミは、ほかのユーザーにも共有されます。 評価の高い口コミが増えれば、その分お店の信頼性や安心感を上げることが可能です。

口コミは基本的に削除することができず、サクラ投稿といった行為もガイドライン上で禁止されています。
そのため、投稿された口コミは信頼性の高いレビューとしてユーザーに発信可能です。

導入効果紹介

MEOの導入によって以下のアクセス数を増やすことができます。

・直接検索数(ビジネス名や住所検索の表示回数)
・間接索数(カテゴリやサービスの検索の表示回数)
・ウェブサイトのアクセス数
・ルートの照会(経路検索)数
・通話数

弊社事例では上記アクセス数を増やすとともに、以前は600件だった間接検索数を約10倍、15件だった電話の数を1.5倍以上増やすことに成功しております。

MEO対策をすべき業種・サイト


より詳細な事例に関しては以下のページでも紹介しているため、気になる方はぜひ確認してみてください。

MEO対策は実店舗を構えているお店であれば、業種に関係なく対策することができます。代表的な業種について見てみましょう。

・飲食店
付近の飲食店を探すためにGoogle Mapを利用してお店を探す人も多くいます。
問い合わせ先も記載されているので、予約やデリバリーサービスを頼む際にも便利です。

・リラクゼーション、美容
お客さんの呼び込みや予約の際に効果的です。
特に同じエリアに競合店が集中している場合は、MEO対策を行うことで他の店舗よりも優位に表示させることができます。

・サービス業、販売店
地域に密着したMEO対策は、提供する製品やサービスに関係なく店舗と相性の良い集客方法です。

その際にGoogleマイビジネスに登録できない移動販売店は、MEO対策ができないため注意してください。

・医療機関
新しく通う必要のある病院を探す場合もGoogle Mapは利用されます。
電話による受付や新規顧客を取り入れる方法としても活用可能です。

・教育機関、予備校
対策エリアの代表校として表示されるため、学校自体の知名度を上げることができます。
また、電話番号や経路検索もできるため、初めて訪れる来客や生徒に対しての利便性が高まります。

・宿泊施設
観光地や目的地を検索した際に表示させることで、直接予約に促すことが可能です。
加えて実際に訪れる際のユーザビリティを向上させる効果もあります。

もちろん上記で挙げた業種以外にもMEO対策は可能です。
Googleマイビジネスでは1500種類以上の業種から選べるため、
対策によってより詳細な情報をユーザーに提供することができます。

MEO対策のやり方

Googleマイビジネスに登録する

Googleマイビジネスの登録には以下項目の入力が必要です。

・ビジネス名
・ビジネス所在地
・ビジネスカテゴリ
・連絡先

その際にビジネスオーナーの確認も同時に行います。
確認をすることで登録した内容の編集や修正ができるようになり、MEO対策の準備が完了します。

対策KWの選定

Googleマイビジネスの情報に合わせて上位表示させたいKWを選びます。
店舗の情報以外にも、実際にユーザーが検索するKWと照らし合わせることで上位表示につなげることが可能です。

また、選択したKWに沿ってGoogleマイビジネスの内容も適宜調整します。
選定KWはターゲットや傾向に合わせて絞り込みを行うことで、より確実な上位表示が可能です。

登録情報の更新

MEOでは正しい情報の記載が必要です。
もし内容に変更があった場合は、その都度更新を行います。

登録情報とGoogleの情報が一致しない場合は、自動的に修正されることがあるため適宜確認が必要です。

また、臨時営業日や特別営業時間を正しく入力することで、正確な情報を発信して取りこぼしを防ぎます。

利用者とのコミュニケーション

ユーザーとのコミュニケーションはGoogle側も推奨しており、情報の信頼性にもつながります。
利用者が投稿したレビューに対して店舗側から返信することで、コミュニケーションを図ることが可能です。

返信内容はほかのユーザーも見れるため、やり取りを通じて実際の雰囲気やサービスの質を感じることができます。

ガイドラインに合わせる

MEO対策を行う際は、Googleのガイドラインに基づいて行うことが大切です。
違反した場合は利用できなくなることもあります。

・対象外のビジネスで登録した場合
別荘やモデル住宅、空き部屋といった不動産物件は登録することができません。
また、移動販売店のような所有権を持たない場所もガイドライン違反となります。

・料金やキャンペーン等の過剰な宣伝
マイビジネスにおいて過剰な宣伝は禁止されています。
「〇%引き」「すべて〇円」といったフレーズの使用も違反と認定される行為です。

・誤字や奇抜な文字の使用
誤字や奇抜な文字は、ユーザーに対して誤解を招く情報と判断されます。

まとめ

MEO対策を行うことでGoogleマップの結果を上位に表示し、店舗の知名度や集客力 住所や電話番号、経路検索まで発信できるため、利用者のユーザビリティの高さも特徴です。

対策方法はMEOを行う企業によって異なるため、事前に仕組みを理解したうえで見積もりをしてみましょう。

弊社MEOの強み

・変化を都度確認できる自社ツールを採用
・表示成功率90%を超える実績
・7割以上が10日以内に上位表示に成功
・導入から設定まで担当者をアサインして運用可能

MEOの導入にあたり面倒な設定や登録はこちらでサポートするため、すぐに始めることができます。詳しくはお気軽にお問い合せ下さい。

>>お問い合わせはこちら

CONTACT

コンテンツ制作やSNS運用代行、miteco広告掲載のお問い合わせは以下のコンタクトよりご連絡ください。
また、ライター・編集者の採用募集等も以下フォームからお問い合わせいただけます。